ガジェットショット

Apple、新型「iPad」をラインナップに追加。初代iPad Air相当のガワにiPhone 6s相当のA9チップ搭載

キリカ(管理人)

AppleのiPadのラインナップに「iPad」が追加されました。




今回追加されたのは、新しい「iPad」。ラインナップからiPad Air 2が消え、iPad・iPad Pro・iPad mini 4とラインナップのネーミングが整理されました。

2017年版iPadは高さ240mm・幅169.5mm・厚さ7.5mm、重量がWiFiモデルで469g・セルラーモデルで478gと、iPad Air 2の前のモデル「iPad Air」と同等のサイズ・重量。プロセッサはiPhone 6sなどに搭載されていたA9チップを採用しています。

iPad Air 2に搭載されていたApple A8Xチップと比べるとiPhone 6sのApple A9チップは処理性能にやや劣る数字が出ているため、今回の新しいiPadは初代iPad Air相当の分厚く重くなったガワにiPad Air 2未満の性能を搭載した廉価版といったポジションとなっております。既にiPad Air 2を持っているユーザーにとってはスペックダウンとなるため、後継機と呼ぶには不適切でしょう。位置づけとしてはiPad Proと差別化した低価格モデルといったところ。

価格はWiFiモデルの32GBが37,800円、128GBが48,800円。WiFi+セルラーモデルは32GBが52,800円、128GBが63,800円となっています。

メニュー
閉じる