ガジェットショット

Apple Pencil対応の新型9.7インチiPadが発表、A10 Fusionチップを搭載し37,800円から

kirica

Appleから新しいiPadが発表されました。




今回発表された2018年モデルのiPadは9.7インチ。iPhone 7と同じ世代のA10 Fusionチップを搭載し、従来iPad Proのみに対応していたApple Pencilにも対応します。公式のPVは以下のとおり。



スペック

新型iPad(2018年モデル)のスペックの概要は以下のとおり。

カラバリシルバー/ゴールド/スペースグレイ
容量32GB/128GB
サイズ高さ:240 mm
幅:169.5 mm
厚さ:7.5 mm
重量469g(WiFiモデル)/478g(WiFi+セルラーモデル)
ディスプレイIPSテクノロジー搭載9.7インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,048 x 1,536ピクセル解像度、264ppi
耐指紋性撥油コーティング
Apple Pencilに対応
プロセッサ64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
メインカメラ8メガピクセル、ƒ/2.4
インカメラ1.2メガピクセル、ƒ/2.2
Wi-FiWi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)、デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80
セルラーUMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B(800、1,900MHz)
LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、25、26、27、28、29、30、38、39、40、41)
生体認証Touch ID
バッテリー32.4Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー

価格はWi-Fiモデルが税別37,800円から、Wi-Fi+セルラーモデルが税別52,800円から。10.5インチiPad Proが69,800円からなので、相対的にとても安くなっています。iPad ProにあるSmart Keyboard対応端子やフルラミネーションディスプレイ反射防止コーティング、ProMotionテクノロジー(120Hz駆動ディスプレイ)、広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイなどのディスプレイ関連の機能や、どちら向きに持ってもステレオになる4スピーカー、内蔵式Apple SIMなどのハイエンドな機能は省かれているものの、純粋にApple Pencilを使いたいというユーザーにとってはかなり手の届きやすい価格まで下げてきたのではないでしょうか。購入は以下のリンクから。

kirica

kirica

ガジェットショットを作った人。最近愛用しているデバイスはiMac 5K、MacBook、iPhone 8、iPhone X、Galaxy S8、GPD Pocketなど。愛車のロータス・エリーゼを転がして写真を撮りに行くのが好きです。
メニュー
閉じる