ガジェットショット

「Sony Ericsson mini」イーモバイルから10月28日発売決定!Xperiaブランドは無し

kirica


イー・アクセスが国内最軽量スマートフォン「Sony Ericsson mini」を、
イーモバイルから発売する事を本日発表しました。

イー・アクセス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長 千本 倖生)は、日本最小、最軽量*1となるソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ社製スマートフォン「Sony Ericsson mini」を、2011年10月28日(金)に発売します。

「Sony Ericsson mini」は、日本最小、最軽量*1の高さ約88ミリ×幅約52ミリ、重さ約99グラムのコンパクトボディに、高機能を搭載したスマートフォンです。最新の「モバイルブラビアエンジン」による高精細映像の再生やHD動画撮影機能、笑顔検出や自動シーンセレクションなど豊富なカメラ機能を搭載しました。また、ホーム画面の四隅にショートカットを配置した独自ユーザーインターフェイスにより、親指ひとつで操作することが可能です。さらに、ワンタッチするだけで、簡単にWi-Fiルーターとして利用できるPocket WiFi ウィジェットも搭載しました。

日本最小、最軽量スマートフォン「Sony Ericsson mini」を10月28日に発売|報道発表資料|イー・アクセス

Xperia系列の端末をリリースするキャリアとしてはドコモ・auに続き3キャリア目ですが、
Sony Ericsson miniという機種名でリリースされるとの事で、
同機種の国際ネームの「Xperia mini」から「Xperia」ブランド自体は削られるようです。

本体の重量は99gと国内キャリアの販売するAndroid端末の中で最も軽量で、
100gのドコモXperia rayの記録を塗り替えるものとなります。

メニュー
閉じる