iPhone XS Max用クリアケースは落下保護性能×グリップ感を兼ね備えたSpigenの「リキッド・クリスタル」が鉄板。

iPhone XS Max用クリアケースは落下保護性能×グリップ感を兼ね備えたSpigenの「リキッド・クリスタル」が鉄板。

iPhone XS Max用のクリアケースとしては鉄板の「リキッド・クリスタル」をSpigenさんにレビュー用に頂いています。


iPhone XS Max用リキッド・クリスタル 外箱

リキッド・クリスタルは人気のiPhoneケースブランド「Spigen」から販売されているクリアケース。このブログでも毎年レビューしている定番アイテムですが、普通のハードなクリアケースと比べた違いとしては、保護性能を重視しており落下時のリスク軽減に力を入れている、グリップ感があり握りやすいなど、クオリティの高いクリアケースとなっています。今回はiPhone XS Maxのシルバーを個人的に購入したので、早速装着していきます。

iPhone XS Max用リキッド・クリスタル パッケージ中身

パッケージの中身としてはケース本体のほか、汚れを落とすためのクリーニングクロスが付属します。それでは、装着していきます。

iPhone XS Max用リキッド・クリスタル 前面

前面から見たところ。画面側はディスプレイよりもわずかに飛び出ており、画面側から落ちても接地面に画面が触れずに保護されます。

iPhone XS Max用リキッド・クリスタル 背面

背面から見たところ。iPhone XS Maxのシルバーの雰囲気を損ねる事の無いクリアケースです。一般的なソフトなクリアケースは背面がフラットな本体に密着して水玉模様が出来てしまう場合がありますが、本製品は微細な凹凸が内側に設けられているため対策済み。背面が一面綺麗なまま使う事ができます。

iPhone XS Max用リキッド・クリスタル 角

四隅の角にはエアークッションと呼ばれる空気の空洞が設けられており、これにより角から落下した際の衝撃を吸収してくれる仕組みになっています。本体へのダメージを最小限に抑えるクリアケースです。

iPhone XS Max用リキッド・クリスタル 底面

底面のLightning端子周りは広く切り取られており、サードパーティのケーブルに配慮した形状です。左右のスピーカー・マイクの切り抜きは左右対称ですが、今年のiPhoneはアンテナラインのためにマイク側だけ穴が少ないので、細かい点ですが欲を言えばそれに合わせてもらいたかったところ。とはいえクリアケースなので普段遣いで全く気になるレベルではない些細な点です。

iPhone XS Max用リキッド・クリスタル マナーモードスイッチ

マナーモードスイッチは開口、それ以外のボタンは透明のボタンで覆われています。操作性も問題無し。

iPhone XS Max用リキッド・クリスタル カメラ周り

カメラ周りも高い精度で切り抜かれており、カメラの出っ張りよりも少し厚みがあるためレンズ部分が接地面に当たらないようになっています。

保護目的のクリアケースであればこれで決まり

iPhone XS Max用リキッド・クリスタル

Spigenさんから提供して頂いているケース以外にも個人的に毎年多くのiPhoneケースを日々試していますが、その中でもSpigenのリキッド・クリスタルは工作精度や保護性能が高く、安定しておすすめできる定番アイテムです。昨年は某他社のケースでは腰の高あたりから角からアスファルトに落とした際にケースを貫通してiPhone側にも傷が入ってしまう事があったのですが、四隅の保護性能が重点的に強化されているケースはそういったケースでもリスクを軽減する事ができます。

保護性能の高いケースでありながら比較的スリムに仕上げられており、しかも本体の表面は高いグリップ感がある事から、持ちやすさも良好。滑りやすいケースを付けてしまうと落下リスクが高まりますが、このケースは手から滑り落ちる事はまず無いだろうという高いグリップ感のケースです。

iPhone XS、iPhone XS Maxは価格帯もとても高く、買い替えサイクルの度に旧モデルを売却して足しにするのであれば可能な限り無傷で使いたいもの。リキッド・クリスタルは透明感のある素材でiPhone本体のデザインの雰囲気を崩さないまま高い保護性能を発揮できるので、本体のデザインを隠したくないけど傷からは守りたい!といった方にはぴったり。価格はAmazonにて現在1,390円と、性能に対してかなり低価格でおすすめできるアイテムです。購入は以下のリンクから。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。PCはiMacとMacBook、スマホはiPhone XとXperia XZ2 Comact、カメラはRX100とα6000、車はLotus Elise。