iPhone 11 ProのミッドナイトグリーンにぴったりなApple製「パイングリーン」シリコンケースを試す

iPhone 11 ProのミッドナイトグリーンにぴったりなApple製「パイングリーン」シリコンケースを試す

新色ミッドナイトグリーンのiPhone 11 Pro用にApple純正の緑色のシリコンケースを合わせて買ってみました。


今回購入したのはiPhone 11 Proシリコーンケース – パイングリーンというApple純正の製品。今回iPhone 11シリーズの発売に合わせて発売されたApple純正ケースの中で、今年の新カラー「ミッドナイトグリーン」のiPhone 11 Proに一番似合いそうだったので買ってみました。

価格は税込み4,860円と社外品のシリコンケースの相場より高めですが、純正ならではのジャストフィット感は過去に買って満足度が高かったので今回も選んでみました。

こちらがパッケージ。

背面の紙を剥がして開封していきます。

こちらがケース本体。

内側はiPhone本体が傷つきにくいようファブリック素材になっているので安心。

背面はシリコン素材の二層構造になっています。

こちらがiPhone 11 Proのミッドナイトグリーン。早速装着していきます。

表から見たところ。左右と上部がシリコンパーツで覆われるデザインです。

下部は開口しているのでフレームの金属の緑が見えるのは綺麗ですが、この部分に擦り傷が付きやすいので注意。

ボタン部分は独立した別パーツとなっており、色がやや濃いめ。

マナーモードスイッチ周りの切り抜きも純正感のあるフィット感です。

外周の丸みを帯びたデザインはシンプルに綺麗にまとまっていて個人的にも好み。

背面はiPhone 11 Proのデザインに合わせて、Appleロゴが下に降りてきています。またカメラ部分は今回3眼カメラとなっているため、外周の四角形に沿って切り抜かれているのが例年と印象が違うところ。

純正らしいフィット感だが、ボタンはやや硬め

例年もApple純正のシリコンケースをiPhone X、iPhone XS Maxと毎年買っていますが、フィット感や手に持った際のグリップ感などは例年通り良好。色の組み合わせも純正だけに良い感じです。最初はサラサラ感がありますが、例年どおりの素材であれば使うにつれてサラサラ感が薄れてグリップが増していくケースとなっています。

一点例年モデルと違う点は、ボタンが硬めだった事。少し押しにくいと感じました。安くない純正ケースだけにやや残念。ただ、使えないほど硬いわけではないので慣れかもしれません。

下部の開口部はデザイン的に綺麗、かつ純正以外のLightningケーブルの相性を気にしないでも良い形状というメリットがありますが、露出している部分だけフレームが擦れていくというのを例年のiPhoneで経験しました。下の部分まで保護したい場合は社外品のケースを選んだ方が良いかもしれません。

まとめると以下のとおり。

  • 本体へのフィット感は純正だけに抜群
  • グリップ感があり、持ちやすい
  • 下部が開口しているのでLightning端子が太いケーブルもOK
  • 下部のフレームの擦れは不可避
  • ボタン類のタッチは硬め

先日iPhone XS Max用をレビューしたApple純正レザーケースと並び、シリコンケースも質感や一体感、持ちやすさは良好。おすすめできるiPhoneケースのうちの1つです。ミッドナイトグリーンとの相性も個人的にはとても良い感じだと思いました。ボタンが硬めな点は気になりましたが、シルバーやスペースグレイなどの無彩色iPhoneと比べるとケース選びの難易度が高いグリーンのiPhone用に選ぶケースとしては良い選択肢の1つに入るのではないかと思います。

購入はAmazonから可能なほか、Apple公式サイトからも購入可能。価格は税別4,500円となっています。中々人気があるようで、Amazon、Appleともに品薄気味。Appleに関しては同販売ページにて通販とは別枠のApple直営店の在庫を取り置きして当日受け取りする事もできるので、すぐに欲しい方にはおすすめの方法です。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。