スペースグレイのApple製品とベストマッチな色合い。Belkinの多機能USB-Cマルチメディアハブを試す

スペースグレイのApple製品とベストマッチな色合い。Belkinの多機能USB-Cマルチメディアハブを試す

MacBook ProやiPad ProなどのUSB type C端子を採用したデバイスでSDカードやUSB type Aのアクセサリ、LANケーブル、HDMIなどを利用できるBelkinのマルチメディアハブを紹介します。


今回紹介するのはBelkinのUSB-Cマルチメディアハブ。サンプルをメーカーより提供頂いたので早速レビューしていきます。

USB-CマルチメディアハブはUSB type C端子に接続する多機能アクセサリ。最大1GbpsイーサネットのLANポート、USB PDによる電源入力ができるUSB-C、SDカードリーダー、USBアクセサリが接続できるUSB type A端子x2、映像出力用のHDMI端子x1が一つになったオールインワンの製品です。

こちらが本体。1本のUSB type C端子から分岐して様々なアクセサリが接続できます。金属筐体でMacBook ProやiPad Proにマッチするデザインなのは流石Apple直営店にもアクセサリが並ぶBelkinといったところ。

パソコン・タブレット本体に接続するUSB type Cポート側も剛性感のある同じ金属筐体で、質感は高めです。

端子類はLANポート以外全て表側に集約されており、左から順にUSB type Cポート(PD充電用)、SDカードリーダー、USB type Aポート×2、HDMIポート。

LANポートのみ左側面に搭載。

背面は丸みを帯びたフォルムになっており、端子類は無し、

15インチMacBook Proと接続したところ。コンパクトなテーブルだと少し幅を取る印象ですが、テーブル幅さえ足りていればSDカードの抜き差しなどは快適にできる距離感で使いやすいです。

以前個人的に購入したAUKEYの類似製品と比較用に並べてみたところ。見ての通りBelkinのものはMacBook Proのスペースグレイに非常に近く、Apple製品とのデザインの調和を感じます。個人的にBelkinの製品はデザイン性を高く評価していますが、今回の製品も例に漏れず良い仕上がりです。

また、写真のAUKEYの物をはじめMacBook Proの側面の2端子を使う製品は「MacBook Proでしか使えない」「2ポート埋めてしまう」というデメリットがありますが、Belkinのこのマルチメディアハブであれば1ポートで済むのでそのあたりのデメリットは無し。本体の側面に直結する一体型も出先では便利なので一長一短ですが、個人的に1ポートタイプは「iPad Proでも使える」「Androidスマートフォンでも使える」といったあたりの応用性があるのが良いと思います。

MacBook Pro用の多機能ハブとして使いつつ、iPad Proに写真を取り込む際にも流用できる、というのは使っていて便利に感じました。

接続デバイス本体への給電はUSB PDの60Wまで対応。最大87Wの15インチMacBook Proはフルスピード充電できませんが、13インチでれば可能。とはいえ、60Wあれば一般的な作業であれば給電速度が足りない事は滅多にありませんでした。動画編集で全力でCPUを回し続けたりするのでなければ出先の充電環境としては十分に感じました。

USB type C接続なので、iPad Proにも接続可能。先日配信開始されたiPadOS 13の機能強化によってSDカード内のファイルを直接扱う事ができるようになり、SDカードの中の一眼レフのRAW撮影データを直接Adobe Lightroomに読み込む、レタッチする、有線LANを使ってクラウドに高速アップロードする、といった一連の作業がiPad ProとBelkinのこのハブだけで完結するのは中々手応えがありました。LANが搭載されているのが地味にポイントで、例えば出先のホテルなどでWiFi接続の速度が足りない場合でも、有線LANを使って一日の撮影データを取り込みつつバックグラウドで高速アップロードできるのはかなり捗ります。

洗練されたUSB-Cハブ。弱点は性能的上限か

個人的にMacBook Pro、iPad Proともに生活の中で主軸に使っているデバイスのため、今回のBelkinのUSB-Cマルチメディアハブは用途にしっくりハマりました。MacBook Proは自宅では「クラムシェルモード」で画面を閉じて5K/4Kディスプレイに出力してデスクトップPCのように使っているのですが、このスタイルだと一眼から取り込むためのSDカードリーダー、安定した通信ができる有線LANポートを搭載しているのはベストマッチ。そのまま持ち出して使う場合でもMacBook Pro本体のスペースグレイとの調和性が高く、満足度の高い組み合わせに感じます。

一方で、使い込んでいると気になる点もありました。具体的に挙げると以下のとおり。

  • USB PDが60Wまで(15インチMBPは87Wまで)
  • HDMI出力が4K30Hzまで(一般的な4Kモニター性能は60Hzまで)
  • 充電用USB-Cが手前はケーブルの取り回しが邪魔

まず、先述したとおりUSB PDが60Wまでしか対応していないのはヘビーユーザー的には惜しいところ。15インチMacBook Proは全力で回すと87W必要なため、自宅でしっかり作業する用——としては60Wは不安要素に感じました。実際60Wのまま重い作業を続けていくとバッテリー残量が減っていきます。そのため余っているUSB type Cポートに純正の87W充電器を接続する、あるいはLG Ultrafine 5KなどのUSB PD対応ディスプレイの裏に本製品を接続して給電はモニターに任せるなどの使い方が必要になってきます。

続いてHDMI出力。ここも個人的にはマイナスポイント。15インチMacBook Proのような高性能マシンではやはり4Kモニターに出力して作業したいところですが、このマルチメディアハブのHDMI出力では4Kは30Hzどまり。またしても、4K60Hz出力するには別のUSB type C-HDMIあるいはUSB type C-DisplayPortケーブルが必要になってしまい、ケーブルが増えてしまいます。先述したフルパワー充電に別ケーブルが必要な件と合わせると、追加で2本のUSB type C接続が必要に。性能を求めるとこれ一台では厳しいというのが実情です。

最後に、USB type C端子の位置。充電用なのだから、横か後ろにまとめて欲しかったです。手前に電源ケーブルが出てくるのはケーブルレイアウト的に美しくなく、卓上で後ろから取っている電源を手前から接続する不恰好な形になってしまいます。細かい点ではありますが。

などなど辛口にデメリットを挙げてはみたものの、やはりBelkin製品らしいデザインと完成度を感じる製品ではあります。15インチ未満のMacBook Pro、4K未満のディスプレイ出力の環境であれば、大きなデメリットは無いアイテム。13インチMacBook Pro、13インチMacBook Air、iPad Proなどで出先・自宅問わず周辺機器を繋いで活用するユーザーにとってはかなり理想的です。

Amazonでの販売価格は記事公開時点で9,979円で、10%オフクーポンが販売ページで獲得可能。購入は以下のリンクから。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。