iPhone 11 Proの背面の磨りガラスの質感を楽しめる、ESRの緑の金属バンパーケースを試す

iPhone 11 Proの背面の磨りガラスの質感を楽しめる、ESRの緑の金属バンパーケースを試す

iPhone 11 Pro用にESRのバンパーケースを買ってみたので紹介します。


今回購入したのはAmazonにて販売されているESRのバンパーケース。以前からiPhoneシリーズ用に販売されているシリーズではありますが、iPhone 11 Pro用もいち早く販売されています。

iPhone 11 Proは背面が磨りガラスになったことから、こういったバンパーケースを選べば本体を保護しつつも、背面の新しい質感も満喫できるのではないかということで、今回買ってみました。

こちらがパッケージ。先日レビューしたESRのAiPods Pro用シリコンケースと同じカラーリングの箱に入っています。

こちらが本体。最近ではめっきり減ってしまった、背面パネルの無い外周のみを保護する純粋なバンパーケースです。

内側は黒のTPU、外側は緑の金属の2層構造となっています。

ストラップホールがついているのは嬉しいところ。位置が上なのは少し残念ですが。

iPhone 11 Proで登場した新色「ミッドナイトグリーン」の本体に付けていきます。

色合いはiPhone 11 Pro本体のグリーンとは違いますが、そこまで大きな違和感はありません。

付けてみたところ。やはりミッドナイトグリーンの背面の磨りガラスをしっかり出せる緑系のバンパーケースは貴重なアイテムです。

エッジはやや立っており、シャープな質感です。

表側から見たところ。

カメラが接地面に付かないよう、四隅のTPUは盛り上がっています。

電源ボタンもしっかり金属。

マナーモードスイッチ周り。

上部の穴はストラップホール。

下部の端子周りもある程度のサードパーティ製ケーブルは使えるクリアランスが確保されています。

磨りガラスを満喫できる貴重なバンパーケース

iPhone 4のように筐体が小さかった頃は盛んだったバンパータイプのケースですが、最近は選べる選択肢も少なくなってきてしまいました。今回購入したESRのバンパーケースは幸いにも新色のミッドナイトグリーンに合う緑色で相性が良く、背面の磨りガラスの質感を満喫することができます。

一方持ちやすさとしては、筐体の幅が増す一方で薄さは変わらないため、他の背面を覆うタイプのケースと比べると薄い板を持つようで、それほど持ちやすくはないという印象。見た目の一体感、背面の質感を楽しむためのケースと言えます。

Amazonでの販売価格は記事公開時点で1,259円。今回紹介したグリーンの他にもグレー、ゴールド、シルバーもラインナップされており、どの色のiPhone 11 Proにも似合うカラーが用意されているのは嬉しいところ。背面ガラスの質感を楽しめるケースを求めている方にはマストバイなアイテムです。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。