新型iPhone SEでも浮かない全画面保護ガラス。Deffの「TOUGH GLASS 3D for iPhone SE」レビュー

新型iPhone SEでも浮かない全画面保護ガラス。Deffの「TOUGH GLASS 3D for iPhone SE」レビュー

2020年モデルのiPhone SEは筐体サイズこそはiPhone 8とは同じものの、画面の湾曲が異なるため、従来品だと浮く現象があります。今回はその問題に対策したDeffのガラスのサンプルを頂いたので紹介していきます。


iPhone 7/8用のガラスは新型iPhone SEだと浮く個体多し

2020年モデルの2代目iPhone SEは、iPhone 8と同じサイズのiPhoneでありながら、画面のガラスの湾曲率が異なるためか、従来のガラスプロテクターを装着すると縁が浮いてしまう個体が多いようです。実際手元のiPhone SEでも確認したところ、上記の写真のように縁が浮いてしまう現象が確認できました。

今回はその新型iPhone SEの画面にも対応した、全画面保護タイプのプロテクターTOUGH GLASS 3D for iPhone SEのサンプルをレビュー用に頂いたので実際に装着していきます。

こちらがDeffのTOUGH GLASS 3D for iPhone SE。画面周囲の部分をブラックのパネルで覆っており、湾曲部分までカバーできるのが特徴。2020年モデルのiPhone SE実機検証済みの製品で、対応している事を公式に謳っている製品です。

ホワイトのiPhone SEに装着したところ。保護フィルム・保護ガラスを装着しているようには見えない一体感で、縁までしっかり覆っています。勿論、外周の浮きも見られません。

新型iPhone SEでも浮き無しに縁まで覆える決定打

新型iPhone SEは従来の同じ画面サイズのiPhone 7/8用の保護フィルム・ガラスを流用すると浮いてしまう個体が多いようですが、今回手元の個体で検証してみた結果としては、従来品が浮いてしまうこのiPhone SEの個体でもTOUGH GLASS 3D for iPhone SEであれば問題なく装着可能だという事が確認できました。

TOUGH GLASS 3D for iPhone SEの販売価格はAmazonにて1,958円。2,000円を切るリーズナブルな価格かつiPhone SEでも検証済み、全画面を浮きなくしっかり保護できるという事で、新型iPhone SE用の画面プロテクターとしては現時点の選択肢の中では鉄板アイテムと言えそうです。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。