CASEFINITEのiPhoneケース「Frost Pro」レビュー。保護性能・持ちやすさ・質感をハイレベルで兼ね備えた逸品

CASEFINITEのiPhoneケース「Frost Pro」レビュー。保護性能・持ちやすさ・質感をハイレベルで兼ね備えた逸品

スマホケースメーカー「CASEFINITE」より、iPhoneケース「Frost Pro」を提供頂いたのでレビューしていきます。


CASEFINITEは今年から日本市場に新規参入しているケースメーカー。先日レビューした薄型のFrost Airに続き、保護性能も兼ね備えたモデル「Frost Pro」もレビュー用に頂けたので、手元のiPhone 11 Pro Maxに実際につけて使用感をチェックしていきます。

パッケージは先日レビューしたFrost Airと似ていますが、こちらは薄型ケース特有の装着の注意点が無いため、装着マニュアルは無し。

こちらがケース本体。半透明のケースです。

iPhone 11 Pro Maxに装着したところ。

下部のスピーカー周りはユニークな形状で、左側のマイク穴は通話用に画面側に穴があり底面側は穴無し。右側のスピーカーは画面側と底面の両方に穴があります。ケースを付けると正面への音が遮られがちなiPhoneケースの特徴をよく分析した形となっており、意匠を凝らしたデザインとなっています。

右側面はこのとおり。サイドボタンには電源アイコンがプリントされており、ディテールが作り込まれています。

右下にはストラップホールもしっかり搭載。

左側面。

ボリュームキーはプラスマイナスのアイコンが刻まれており、押しやすさも良好。

フレーム側面は完全な弧ではなく、持ちやすいよう中央が垂直な断面に切り取られています。これによって四隅は肉厚な保護性能をキープしながら側面は薄くしつつグリップ感が得られており、とても持ちやすく感じました。

背面は半透明で、iPhone 11 Proシリーズの磨りガラスの雰囲気と相性抜群。手触りも個人的に好みです。

ディテールまで作り込んだハイレベルなiPhoneケース

Frost Proを実際に使ってみた率直な感想としては、今まで使ってきたiPhone 11 Pro Max用のケースの中でも最も気に入ったケースのうちの1つと言えるハイレベルなクオリティだと感じました。使用感や雰囲気としては以前レビューしたCiel by CYRILL Color Brickに近いのですが、側面の持ちやすさに配慮した加工やスピーカー周りの造形など、作り込みのレベルに関してはこちらが更にワンランク上に感じます。

ラインナップとしては今回紹介したiPhone 11 Pro Max用だけでなく、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone SE/8/7、iPhone X/XS/XS Max用まで幅広くカバー。いずれも価格は3,499円となっています。

今年日本市場に参入したばかりのCASEFINITEは現在は直販サイトのみの販売ですが、年内にAmazonなどのECサイトへの展開も予定しているとの事で、今後が非常に楽しみなメーカーです。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。