ガジェットショット

太陽光からUSB出力できるAukeyのソーラーチャージャー「PB-P4」を試す

キリカ(管理人)

Aukeyさんより、太陽光充電器「PB-P4」をレビュー用に頂いています。


aukey solar charger 1

今回頂いたソーラーチャージャーは以前レビューした同社のソーラーパネル搭載バッテリーと違い、バッテリーは内蔵せず太陽光パネルからの発電機能に特化した製品となっています。

aukey solar charger 2

畳んだ状態でのサイズ感をiPhone SEと比較したところ。

aukey solar charger 3

広げるとパネルが3枚並びます。

aukey solar charger 4

右端のソーラーパネルの無い部分にはUSBポートが2つ隠されています。どちらも最大5V/2A出力。

aukey solar charger 5

太陽光の下でiPhoneを接続すると操作不要でそのまま充電が開始されます。

aukey solar charger 6

太陽光の方向に向けて角度を調整して効率を上げるため、スタンドが搭載されています。

出力を計測してみる

aukey solar

やや天気の悪いくもりの日に自動車のダッシュボードで14時頃に充電してみたところ。出力は0.78Aとなっています。やはり天気が良くないとパフォーマンスを発揮できないようなので、これからの梅雨の季節はこれくらいの出力になりそうです。最大出力は2.0Aとなっているので、フルスピードで充電できる日が続くのは夏までお預けといった感じ。

天気に左右されるものの、電源の無い場所でも5V/2A出力の充電器と同じように使えるのはコンセントの無い野外スポットに連泊するといったシチュエーションであれば活躍しそうです。太陽に雲がかかったりすると出力が一気に弱まるので、ソーラーチャージャーからは一旦モバイルバッテリーへ充電し、端末へはモバイルバッテリーから行うといった使い方の方が安定感があっておすすめ。モバイルバッテリーとセットで持っておくと電源の無いシチュエーションで役に立つのではないでしょうか。

今回レビューに使用したのはパネルが3枚搭載されている21W出力のもので、価格は5,799円。2枚搭載で14Wの下位モデルも販売されていますが、天気に出力を左右される事を考えると3枚搭載モデルがおすすめです。

メニュー
閉じる