ガジェットショット

名古屋で開催されたdocomoの新機種内覧会に行って来ました その1:シャープ/ソニー/NECカシオ/パナソニック編

新機種が発表された後には恒例となっているdocomoの新機種内覧会に行って来ました。内覧会の様子(端末ブース)と軽いフォトレビューをお伝えしたいと思います。
筆者の都合もありまして幾つかの記事に分割して1日おきに更新したいと思っております。
その1はシャープ、ソニー、NECカシオ、パナソニックです。

入場


会場は名古屋栄の明治安田生命名古屋ビル。内覧会に入場するにはDCMX会員かドコモプレミアクラブのプレミアステージ会員である必要があります。今回はDCMX会員の友人についていく形で入場しました。

入場する時にはパンフレットを入れるための袋と、機種変更と新規契約の割引券を貰いました。

シャープ(AQUOS Phone)



最初に見て回ったのはシャープフロア。AQUOS Phone Zeta/siの展示を行っていました。
混雑していたため筆者はsiの新色であるブルーのモデルしか触ることができませんでした。
新色のブルーはブラックとともに落ち着いた色に仕上がっており、これまでのどちらかと言うと女性向けともとれたホワイト/ピンクとは対照的な印象でした。
黒の写真は残念ながら撮ることが出来ず…残念です。

また、少し離れた場所ではスマートフォンとシャープの家電の連携操作を体験できるスペースが。全自動掃除機「COCOROBO」が展示されていました。
連携機能の一部として、COCOROBOに赤外線リモコンを取り付け、それをスマートフォンから遠隔操作することで扇風機やAQUOSの電源をオン/オフできるようです。スマートフォンをリモコンにするのではなく、スマートフォンでリモコンを動かす感じですね。ある意味目の付け所がシャープだと感じました。
「スマートフォンはどのメーカーのものでも良い」と社員の方が仰っていましたが、それ以外はシャープ製品で固めなければならないのが少々残念。互換性のあるリモコンが発売されたら便利そうなんですがね…。

ソニー(Xperia)


続いてソニー。こちらにはXperia AXとNFC連携商品が展示されていました。
Xperia AXの詳細についてはこちらのファーストインプレッションレビューをご覧ください


今回、NFCによる機器間通信連携商品をソニーは多く展示していました。
NFCといえばAndroid端末間でデータのやり取りを行うAndroid Beamがありますが、ソニーはこのデータのやり取りをBluetooth認証の簡略化に用いたとのこと。

例えば写真に写っているスピーカー。
本来はBluetooth接続はわざわざ設定画面を開いて認証を…という煩わしい手順があるところを、スピーカー本体にNFC搭載スマートフォンをかざすことで認証を簡略化。
一度NFC認証を行ったら、後はBluetoothで音楽や動画の音声を転送してスピーカーから音を流します。

他にもNFC認証でBluetooth通信を可能にするオーディオレシーバーが展示されていました。


そしてこっそりリーク?情報。
筆者が社員の方に「AX早く発売して欲しいんですけどねぇ〜」とやらしく話しかけたところ、その方から「まぁ、11月中旬にまた…」というなんとも意味深な発言を頂きました。
もしかしたらAXの発売はそう遠くないのかもしれません。発売時期候補であることは間違いなさそうです。夏モデルのGXとSXは延期に延期を繰り返したことがありますが、今回はそのようなことがないと信じたいです。

NECカシオ(MEDIAS)


3番目はNECカシオ。
こちらは新機種MEDIAS Uを始め、ディズニー・モバイル端末、MEDIAS Tab UL、そしてワンピースとのコラボモデルが展示されていました。
MEDIAS Uとディズニー・モバイルとのコラボモデルのフォトレビューは後日別の記事にてアップ予定です。



MEDIAS Uのワンピースコラボモデルはケースに入れられて展示。専用ホルダーを装着したものと背面を見せるために砂浜に埋まった物が展示されていました。因みに下部左はMUDIAS Uの通常モデルです。

パナソニック(ELUGA)


生存を確認いたしました。
冗談はさておき、展示物はELUGA Vの新色とガラケーと、特に新しいものはありませんでした。



本日のところは4つのメーカーをお送りしました。
ソニーとシャープはスマートフォンと自社製品との連携をどう取っていくか模索しているように感じました。ソニーはいい道を行っていると思いますが、シャープは少し迷走気味にも見えます。AQUOS Phoneはどんどん良い物になっているので、是非シャープさんには連携の上手い落とし所を見つけて欲しいところです。

次は内覧会記事パート2、Huawei/富士通/LG/サムスン編を予定しています。パート2は各メーカーともいろいろと試みが見られ、見応えのあるものになっていました。
それでは、更新をお楽しみに!

メニュー
閉じる