ガジェットショット

【Xperia SO-01B】 root権限取得、手順まとめ



今回は、”Xperia SO-01B”のroot化から、root化の後にした方が良いであろうことをまとめたいと思います。


この手の記事ではお約束ですが、以下の手順は自己責任で行ってください。
メーカーの保証の対象外になるかと思われます。



root化


root化は、現在のビルド番号「2.0.B.0.138」ならば、アプリ1つで行うことができます。

まず、AndroidMarketまたはXDAから「z4root」をインストールします
(PCからAndroidからXDAから)

次に、z4rootを起動。

z4rootを起動したときの画面


ここにある「Root」をタップするだけ。

しばらく待つと、自動でリブート(再起動)してくれます。

ドロワーに、「Superuser」というアプリが増えていれば成功です。

Superuserは、Root化必須アプリにスーパーユーザ権を与えます。

これで、端末側の準備はひと通り終わりです。

次に、PCにスーパーユーザ権を与える作業を行います。


Android SDKの導入


まず、PCにJava Development Kit、いわゆる”JDK”をダウンロードし、インストールします。(ココから)

次に、Android SDKをダウンロード。(ココから)

今回は、このファイルを、Cドライブ直下に解凍。

C:\Android-SDK\

このように置きます。

次に、Pathの設定。

マイコンピュータを右クリック→プロパティから、「システムの詳細設定」をクリック

「システムの詳細設定」をクリック


「環境変数」をクリック

「環境変数」をクリック


赤枠で囲んだ部分「Path」を選択し、橙枠で囲んだ部分「編集」をクリック

「Path」を選択し、「編集」をクリック


「変数値」に、先ほど解凍した「Android-SDK」内の、「tools」というディレクトリのアドレスを付け足します。
この時、元々ある文字は絶対に消さずに、元々ある文字と付け足す文字をセミコロン「;」で区切ってください。
ここでは、

;C:\Android-SDK\tools

を付け足します。

赤線を引いた部分を加える



あとは、パソコンを再起動するだけ。
これで、コマンドプロンプトから、Android端末に指示を送ることが出来るようになりました。

最後に、adb shellを起動する作業です。


ADB Shellを起動する


コマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを入力していきます。

path

これで、環境変数が設定できているかどうか確認します。
ずらずらと文字が出てくるのでその中に先ほど設定したアドレス(ここでは「;C:\Android-SDK\tools」)が追加されていれば、次へ。

adb.exe

adb.exeの起動。

adb shell

adb shellの実行。これで、コマンドプロンプトに”$”が出てきます。

su

スーパーユーザ権の取得。ここで、Xperiaに以下のような画面が出てくるので、「許可」をタップ。

「許可」をタップ



これで、コマンドプロンプトに”#”が出ていれば、Root権限の取得成功です。

「adb shell」から「su」を実行した結果



2回目以降は「adb shell」と「su」の実行だけでこの画面までたどり着くことができます。

ここから、Xperiaのroot下のファイルをいじることが出来るようになります。

それについては、各目的について別途、それぞれ記事を書きたいと思います。

今回はここまでです。お疲れ様でした。

メニュー
閉じる