ガジェットショット

SoftBankが革新的な新料金プラン発表!パケット通信は青天井、通話料は1.5倍、キャリア内無料通話も廃止

キリカ(管理人)

SoftBankが「VoLTE時代の革新的な新定額サービス」を発表しました。


ソフトバンクモバイル株式会社は、高品質な音声通話を実現するVoLTE※時代を見据え、お客さまにシンプルで分かりやすいように音声定額とパケット定額をパックにした革新的な新サービスを、SoftBank 4GおよびSoftBank 4G LTEに対応するすべてのスマートフォン向けに、2014年4月21日より提供する予定です。
VoLTE時代の革新的な新定額サービスが登場! | 企業・IR | ソフトバンク

S、M、Lパックから選択可能

sb-new-plan

新プランはSパック(月額5,980円)、Mパック(月額6,980円)、Lパック(月額9,980円)から選択可能。パケット通信はSパックは2GB、Mパックは7GB、Lパックは15GBまで追加料金無し。通話に関してはSパックなら月50回(1回3分以内)、MパックとLパックなら月1,000回(1回5分以内)まで追加料金無し。どちらも超過した分は従量課金制となっています。

パケット通信は従量課金制に、青天井回避オプションも

現状の日本国内の各社通信キャリアの料金プランはプラン指定の通信量を超過すると通信速度制限がかかるものの追加料金はかからないものとなっていますが、今回の新プランは超過した場合通信した分だけ追加課金される仕組みになっており、Sパックは250円/100MB、Mパックは125円/100MB、Lパックは100円/100MBの追加料金が発生します。

また、追加課金を防ぐために指定の通信量を超過した場合追加の通信料課金を発生させず128kbps制限に落とすオプションサービスも提供されますが、こちらも有料で月額300円となっています。

通話料は現行のプランと比較し1.5倍に

現在のホワイトプラン(i)は他社の携帯電話宛の電話は20円/30秒となっていますが、新プランは3分(Sパック)/5分(M/Lパック)以上の通話に関しては30円/30秒と割高な価格設定になっており、ある程度長く話す用途の電話に関しては実質の値上げになっています。

ホワイトプランにあった1時~21時までの無料通話が廃止に

ソフトバンクの「ただとも」プロモーションで人気を博した1時~21時までのキャリア内無料通話ですが、これも廃止され3分/5分を超過した場合は上記の他社宛の電話と同じく30円/30秒の料金がかかってきます。

基本料、ISP料は別途発生

今回発表されたS/M/Lパックの料金とは別に、月額利用料が980円、S!ベーシックのISP料が300円発生します。そのため、実質Sパックは月額7,260円、Mパックは8260円、Lパックは月額11,260円からといった形になっています。


なお、幸いにも「従来のホワイトプラン、パケット定額サービスも引き続きお選びいただけます。」との事なので当面は選択肢は用意されるようです。

VoLTE時代を見据え、お客さまにシンプルで分かりやすいように音声定額とパケット定額をパックにした革新的な新サービス」を謳った料金プランですが、今回VoLTE(Voice over LTE/LTE網を利用した高品質音声通話)は全く関係無く、シンプルで分かりやすいはずが別途かかる料金も複雑化しており、音声定額を謳っているものの定額ではなく、パケット定額も定額ではなく従量課金制になっており、革新的な新サービスとは言ったものの蓋を開けてみれば従量課金の時代に逆行していて、非常に強いソフトバンクらしさを感じさせられるプレスリリースでした。

メニュー
閉じる