Optimus LIFE L-02Eファーストインプレッションレビュー

ドコモ2012冬モデルdocomo with series Optimus LIFE L-02Eのレビューをお送りします。

フルーツジュースのような鮮やかな色


今回触らせていただけたカラーバリエーションはニンジン色をイメージしたcarrot orange。
スマートフォンとしては珍しいビビッドなカラーリングで、光沢感があります。

ホームアプリはOptimus itのようなサクサク感


ホームアプリは夏モデルのOptimus it L-05Dのような、LG特有の高いフレーム数を維持したアニメーションの快適さがあります。動作に関してはとても快適だと感じました。

通知バーのトグルはカスタマイズ可能


他のLGの機種同様、通知バーの上部にあるトグルボタンはカスタマイズが可能になっており柔軟性が高い仕様になっています。

動作は快適、デザインは少し安っぽい?

総評としては動作はとても良く、通知バーのトグルボタンも柔軟に変更ができるため、動作面では不満点は上がってきませんでした。ただ、鮮やかなカラーリングで光沢加工、凹凸のないフラットなデザインはどことなく安っぽく、オモチャのような印象を受けました。とはいえあまり目立つ不満点も感じず快適に使えるため、2012年冬モデルでは標準的な位置付けの機種なのではないでしょうか。

※本機は発売前の先行展示品のため、発売時には仕様が変わる可能性があります。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。