ちょっとまって!機能搭載「miraie KYL23」ハンズオンレビュー

不適切な単語を入力すると「ちょっとまって!」とダイアログが表示される事で話題となっている「miraie KYL23」を触ってきました。


miraie KYL23 6

miraieはauとしては初のジュニア向けスマートフォンで、京セラが製造を担当しています。
こちらは「メテオブルー」。

miraie KYL23 7

シトラスホワイト。

miraie KYL23 1

こちらがピンクソーダ。下部は物理キーではなくタッチセンサーとなっています。

miraie KYL23 2

右側面は防犯ブザーボタンを搭載。

miraie KYL23 3

左下はストラップホール。

miraie KYL23 4

左上はボリュームキー。

miraie KYL23 5

背面は光沢感のある素材で、展示機を見てのとおり指紋は付きやすい感じ。

「ちょっとまって!」機能はザル?

miraie KYL23 matte

miraieの保護者用の管理機能のひとつとして、不適切なワードを入力すると警告が表示され、入力確定すると親が分かるようになっています。ただ、この機能が発動するのは不適切なキーワードが「単体で」入力確定された時のみ。写真のように「ばか!」などと記号と一緒に変換してしまえばこの機能は発動しないため、子供でもちょっと触れば分かってしまうのではないでしょうか。

ハンズオン動画


今期京セラはau向けとしてはmiraie KYL23の他にもINFOBAR A03、BASIO KYV32、GRATINA 2と合計4機種の展開となっており、かなり頑張っているなぁといった印象。一方でIMEの不適切なキーワードを防止する機能はあまり実用的ではなかったり、INFOBAR A03からBASIOまでUIの所々が使い回しだったりと、手を広げているからか人的リソース不足なのではないかと心配させる点も多くありました。ただmiraie KYL23に関しては中々持ちやすいサイズなので、子供向けスマートフォンにとどめておくには惜しいサイズ感だと思いました。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。