Google、iPhoneアプリ同様Androidにアプリ内課金実装


Googleが開発者向けに、「In-app Billing API」を提供開始しました。
これはiPhoneアプリ同様に、アプリ内で追加課金を提供できるというもの。

In-app Billing APIを利用するにあたって特別な手続きは必要なく、
デベロッパーは手軽に課金システムの実装を行う事ができます。

In-app Billing APIのデベロッパー向けドキュメントは以下から参照可能。

Adding In-app Billing to Your Applications | Android Developers

得られた収益の内訳は有料アプリと同じく、
Googleの取り分が3割、開発者が7割となっています。

この課金システム実装により、ストアが活気づくと期待されています。

via Google、Androidのアプリ内課金システムを発表。「In-app Billing API」の提供開始

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な物を見つけるのが楽しみ。10歳の頃にHTMLに出会い、以来理想のサイト作りを追求中。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」で行くドライブと写真撮影と甘いもの。