iPhone用LINEがiPad対応のユニバーサルアプリに。タイムラインに対応しスタンプが送れない不具合も修正

スマートフォン用のメッセージングアプリとして普及しているLINEのiPhone版が、iPad対応のユニバーサルアプリにアップデートされました。


line for ipad and iphone 1

iOS用のLINEアプリは従来iPad用とiPhone用がそれぞれ別のアプリとして展開されており、iPad専用の「LINE for iPad」は別アプリとして公開されていたものの2014年で更新が止まった状態でした。OSのアップデートに伴いUIが崩れてスタンプが送れない不具合が発生しており、キーボードの裏にスタンプのパレットが隠れてしまうため分割キーボードなどで回避しなければスタンプが送れないなど不具合が目立つ状態で野放しにされていたところ、今回ユニバーサルアプリとしてiPhone版と統合されました。

今回ユニバーサルアプリ化にあたってiPad版のUIもリニューアルされており、タイムライン機能などのLINEの最近の機能にも対応。スタンプが送れない不具合もしっかり修正されています。また、新しいバージョンのLINEをiPhoneとiPadにインストールし、同時に同じアカウントでマルチデバイスする事もユニバーサルアプリ化後も引き続き可能となっています。なお、新バージョンの「LINE」でiPadからログインすると旧バージョンの「LINE for iPad」からはログアウトされる仕様。

なお、iPad対応のiOS版LINEのインストールにあたって現在iPadのApp StoreでLINEと検索すると旧バージョンのLINE for iPadがでてきてしまうため、直リンクで飛んだり過去のiPhoneのダウンロード履歴などから辿らないといけない状態となっています。ダウンロードは以下のリンクから。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な物を見つけるのが楽しみ。10歳の頃にHTMLに出会い、以来理想のサイト作りを追求中。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」で行くドライブと写真撮影と甘いもの。