iPhone 6sのプッシュ通知が常に遅延する不具合が発生、iTunesの復元で解消。

手元のiPhone 6sでプッシュ通知が遅延する不具合が発生したので、iTunesの復元機能を使ってみました。


itunes recovery

今回iPhone 6sに発生したのはプッシュ通知の遅延の不具合。全てのプッシュ通知が遅延するというもので、LINEやTwitterなど全ての通知が遅延して届いていました。

機内モードのオン・オフや再起動なども効果が無かったため、やむを得ずiTunesでの復元を決行。パソコンにLightningケーブルで接続し、バックアップを取ってからiTunesから復元を行いました。

結果として復元をしたiPhoneはプッシュ通知がしっかりリアルタイムで届くようになりましたが、今回の不具合の原因は特定できないまま。ただ、iPhoneのプッシュ通知の調子が悪い時は一度iTunesで復元を試みると改善するかもしれないので困っている方はお試しあれ。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な物を見つけるのが楽しみ。10歳の頃にHTMLに出会い、以来理想のサイト作りを追求中。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」で行くドライブと写真撮影と甘いもの。