2020年新型iPad Pro発表。iPadが宙に浮くトラックパッド付きの「Magic Keyboard」対応、超広角カメラ搭載

2020年モデルの新型iPad Proが発表、販売開始されました。


iPad ProはUSB type Cを採用しホームボタンを撤廃したモデルに刷新した2018年モデル以来、約1年半モデルチェンジされずに販売され続けており、今回は2018年ぶりのアップデートとなっています。公式のプロモーションビデオは以下のとおり。

超広角カメラ+距離測定用LiDARスキャナ搭載

従来シングルカメラだったiPad Proですが、今回から広角+超広角の2眼カメラに。来月提供予定のDoubleTake by FiLMiC Proアプリを使う事によって広角+超広角の2カメラ同時収録が可能に。さらに加えて距離測定用LiDARスキャナーを搭載し、AR機能が強化されています。

トラックパッド付きのMagic Keyboard

5月に発売予定の専用のMagic Keyboard(税別31,800円)と組み合わせる事によって、トラックパッドジェスチャーがiPad上でも利用可能に。

Magic KeyboardはiPad Pro本体が宙に浮くデザインになっており、角度が調整可能となっています。

A12Z Bionicチップになり、引き続き11/12.9の2サイズ

2018年モデルではApple A12X Bionicを採用していましたが、今回新たにA12Z Bionicチップに刷新。引き続き11インチ・12.9インチの2サイズ展開となっており、容量は128GB・256GB・512GB・1TBの4種展開。WiFiのみのモデルと、モバイル回線で通信できるWi-Fi + Cellularモデルが展開されているのも従来どおりです。

価格は11インチモデルが税別84,800円から、12.9インチモデルが104,800円から。色はスペースグレイとシルバーの2色展開となっており、注文は既に受付開始、発売は3/25を予定。詳細は以下のリンクから。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。