iPhone 12用ケース「CASEFINITE Hybrid Pro」レビュー。持ちやすく、作り込みを感じる高性能なケース

iPhoneケース「CASEFINITE Hybrid Pro」をレビュー用に頂いています。


CASEFINITEは超薄型や耐衝撃など、高性能なiPhoneケースのブランド。先日紹介したFrost Airは0.6mmの超薄型ケースでしたが、今回紹介するのはHybrid Proという高性能な耐衝撃ケース。薄さを追求したFrost Airとは対照的に高い保護性能を追求したケースで、外周のフレーム形状も持ちやすい形に工夫されたケースです。

こちらがケース本体。背面には半透明の磨りガラス風パネルが装着されています。

iPhone 12に装着したところ。ブラックのフレームが全体を覆っており、本体のフレームの色が表側からだと主張しないデザインです。

下部のスピーカーホールの周りの処理も独特。

右側面。日本では根強い人気のあるストラップホールをしっかり装備しているのは好印象。

上部。四隅が盛り上がって四辺が凹むデザインで、耐衝撃処理が見えるデザインです。

左側面。

本体下部のスピーカー穴は前面側にも空いており、動画鑑賞時などに前面から音が聞こえるようになっています。

背面はフレームの黒と違う素材の半透明のパネルが採用されており、Appleロゴと本体の色が見えるようになっています。

カメラ部分も段差大きめに保護されており安心。

背面のパネルは薄く、MagSafe対応を謳っています。実際にBelkinの充電スタンドで試してみたところ、やはり厚みがある分吸着力は落ちてしまい一旦は固定できるものの滑り落ちてきてしまう場合がある模様。MagSafeで固定するアクセサリを使いたい場合は避けたほうが良さそうです。

持ちやすさ・実用性の高いiPhone 12ケース

実際使ってみた感触としては以前レビューしたFrost Proと同様、エッジの面取り加工が手にフィットしてグリップしやすかったり、スピーカーの穴が前面に向いていて握った状態でゲームや動画の音が遮られなかったり、ストラップホールがついていたり、耐衝撃性能にも力が容れられていたりと、かなり作り込まれた高性能なケースといった感じ。性能面で言えば、かなり優秀なケースだと感じます。

逆にiPhone 12シリーズ特有の止むを得ないデメリットとしてはMagSafeの磁力が落ちてしまう点があるので、MagSafeのマグネットに対応したプレート内蔵の不透明モデルも是非用意して欲しいなと思いました。

半透明とブラックのツートンは見た目は好みが分かれるところではあると思いますが、メーカーのブランドロゴなども無いミニマルな好みであれば使いやすさも兼ね備えた良ケースなのでMagSafeの磁力低下さえ気にならなければイチオシ。記事公開時点での価格はAmazonにて3,999円とやや高めではありますが、機能性を考えたら納得なのではないかと思います。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。