MacにEasyTeatherドライバを導入しているとddmsで認識しない問題を解決する方法


スクリーンショット撮影などの用途でMacにAndroidをUSBデバッグ接続する際、
EasyTeatherアプリのドライバが導入されていると、接続できないケースがあるようです。
これの解決方法を紹介します。

EasyTeatherアプリのドライバが競合するようなので、
アンインストールすることで解決するようです。

OSのインストールされているドライブをFinderで開き、
「システム」→「ライブラリ」→「Extensions」の順にフォルダを開きます。

EasyTetherUSBEthernet.kext」がドライバ本体なので、これを削除します。
Finderにパスワード入力を求められるので、入力しましょう。

これで再起動すれば、ddmsで認識しない問題が解決するようです。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な物を見つけるのが楽しみ。10歳の頃にHTMLに出会い、以来理想のサイト作りを追求中。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」で行くドライブと写真撮影と甘いもの。