iOS 15のSafariのアドレスバーを上に戻す方法

2021年9月21日より配信開始されたiOS 15では、iOS 14以前は上にあったSafariのアドレスバーが下に移動しています。これは設定によって下のiOS 14のようなスタイルに戻す事ができるので、方法を紹介していきます。


iOS 15で導入された「タブバー」

タブバーはiOS 15からSafariに新たに導入された新機能。手元の親指でアドレスバーに指が届きやすいだけでなく、タブ間を左右スワイプで切り替えたり、上スワイプでタブ一覧を開けたり、ジェスチャー系の機能強化も含まれています。

ただiOS 14以前のオーソドックスな上側のアドレスバーで使い続けたいというユーザーのために元に戻す設定も用意されています。設定方法は以下のとおり。

設定→Safari→シングルタブ

変更は「設定」アプリから可能で、「Safari」の項目の中に「タブ」というグループがあるので、そこの「タブバー」にチェックが入っている部分を「シングルタブ」をタップして変更すれば設定完了。

設定後のSafariの画面

設定が完了するとSafariはiOS 14以前のようなルックスに戻ります。ただし、左右スワイプなどのiOS 15のタブバーのジェスチャー機能は全て利用不可能になるので注意。

新しいタブバーは手元の指で片手で操作しやすくはなっているものの、旧UIの方がしっくりくるという方は是非試してみてください。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。