iPhone 13 Pro MaxでGAURUNの2.5D Casefit保護ガラスを試す

iPhone 13 Pro Maxの画面を保護するGAURUNの2.5D Casefitをメーカー様より提供いただいたので実際に使った使用感を紹介していきます。


GAURUN 2.5D CasefitはiPhone 13シリーズ用に販売されているガラス製の画面プロテクター。画面部分の外のベゼル部分まで余裕を持って覆う湾曲の「2.5D」形状となっており、100℃〜400℃で製造された同類の製品と比べて500℃以上以上の温度で加工することで向上させた耐衝撃性・強度が売りの製品となっています。

価格はAmazonにてiPhone 12シリーズ・iPhone 13シリーズ全て機種問わず1,590円となっており、一つのパッケージにガラスが2枚入っているためコストパフォーマンスもリーズナブルとなっています。

それでは、実際にiPhoneに貼り付けて使っていきます。

こちらがパッケージの内容。画面クリーナーやホコリ除去用のシール、位置合わせ用のガイドツールのフレームが同梱されています。

今回は先日iPhone 13 Pro Maxのレビューで紹介したシエラブルーのiPhone 13 Pro Maxに貼り付けていきます。

こちらがガラスプロテクター本体。外周が黒縁フレームで覆われており、割れた際の飛散防止処理がされています。

位置合わせ用のガイドツールを装着したところ。ここにガラス本体を合わせることで初心者でも簡単にぴったりの位置に貼り付けることが可能です。

貼り付けたところ。ここからフレームを外し、気泡を指や付属のヘラで押し出していきます。

大きな気泡を抜いたところ。小さめの気泡は1日ほど使いながら押していく事で抜けていきます。

上部の通話スピーカー部分もiPhone 13シリーズのフレーム寄りの切り抜きに対応。この位置が変わっているのでiPhone 13シリーズとiPhone 12シリーズは互換性が無いので注意。

気泡は1日で消え、使い心地も良好な保護ガラス

貼り付けて1日目は気泡がそれなりに残っていて心配していましたが、2日目には気泡が全て抜けて快適に。ガイドのお陰で貼り付けも一瞬で終わり簡単なため、保護フィルムの貼り付けが苦手な初心者にもおすすめできるアイテムでした。

GAURUN 2.5D Casefitは欠けてしまった場合にも2枚目の予備が付属するため、すぐに貼り直せて安心。iPhone 12シリーズ・13シリーズ用に保護ガラスを探している方には問題なくおすすめできる製品だと感じました。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。