有機EL+レザー調筐体の「OPPO A73」の楽天版白ロムがイオシスなどで12,800円で販売中

2020年末に発売されたOPPOのミドルレンジスマートフォン「OPPO A73」の楽天モバイル版が12,800円で販売されています。


OPPO A73は「有機ELディスプレイ」「レザー調の筐体」を特徴としたOPPOのミドルレンジスマートフォン。2020年11月以降、楽天モバイルやMVNO各社で販売開始された端末で、元々の希望小売価格は30,800円の機種となっています。

スペックとしては6.44インチのFHD+(2400×1080)・60Hzの有機ELディスプレイに、SoCはSnapdragon 662を搭載。RAMは4GB、ストレージは64GB、バッテリーは4000mAh、生体認証はディスプレイ指紋認証と顔認証に対応。SIMカードは物理nanoSIMに加えてeSIMも利用可能。

カメラは4眼カメラを搭載し、メイン・超広角・モノクロ・ポートレートの4つのアウトカメラを使い分けることができます。

背面パネルはプラスチックながらレザー調の加工となっており、カラバリもネービーブルーとダイナミックオレンジというユニークな2色をラインナップしています。

割安になっているのは楽天モバイル版の未使用品で、イオシスで12,800円Amazon.co.jpで12,810円で販売中。イオシスはダイナミックオレンジのみ、Amazonはダイナミックオレンジネービーブルーどちらも在庫あり。

Amazonは送料が無料なのに対し、イオシスは送料が640円。ただしイオシスは6ヶ月保証がついているのがメリットとなっています。なお、イオシスはAmazon.co.jpのアカウントで買い物ができるので、Amazonユーザーは買い物が楽。

OPPO A73は本来の価格であればミドルレンジとしてはプロセッサーの性能が低めですが、楽天版の相場が下落したこの価格帯であれば有機ELのAndroidスマートフォンの未使用品が手に入るのはお買い得。

レザー調の背面パネルに関してはレザー風の凹凸がついたプラスチック筐体なので実機を触った感想としては「レザー」として期待する物ではないレベルでしたが、指紋がつきにくく実用的です。

1万円台前半の低予算でAndroidを探している方には選択肢になりそうです。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車「エリーゼ」「ジュリエッタ」でのドライブとカフェ開拓。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!