iPad Air第5世代と第4世代、iPad Proを比較

Appleから発表された2022年モデルの第5世代iPad Airを先代モデルやiPad Pro(第3世代)と比較していきます。


第5世代iPad Airは2022年3月9日のApple Eventで発表された新モデル。2020年の第4世代から約2年ぶりとなるアップデートとなっており、iPad Proに匹敵する性能もいくつか取り入れられているので先代モデルからの進化点に加えて11インチiPad Proとも違いを比較をしていきます。


iPad Air(第5世代)

iPad Air(第4世代)

11インチiPad Pro
発売年 2022年 2020年 2021年
画面サイズ 10.9インチ 10.9インチ 11インチ
解像度 2,360 x 1,640 2,360 x 1,640 2,388 x 1,668
ProMotion
(120Hz)
搭載
色域 広色域ディスプレイ(P3) 広色域ディスプレイ(P3) 広色域ディスプレイ(P3)
チップ M1 A14 Bionic M1
RAM 8GB 4GB 8GB/16GB
メインカメラ 1200万画素 1200万画素 1200万画素
超広角カメラ 1000万画素
インカメラ 1200万画素(超広角) 700万画素 1200万画素(超広角)
LiDAR
スキャナ
搭載
モバイル通信 5G 4G 5G
重量
※WiFiモデル
461 g 458 g 466 g
スピーカー 2スピーカー 2スピーカー 4スピーカー
Apple
Pencil
第2世代 第2世代 第2世代
生体認証 Touch ID Touch ID Face ID
接続端子 USB-C USB-C Thunderbolt / USB 4
ストレージ 64GB
256GB
64GB
256GB
128GB
256GB
512GB
1TB
2TB
価格 74,800円〜 69,080円〜(終売) 94,800円〜

iPad Airは第5世代になりチップがA14 BionicからiPad Proと同様のM1にアップグレード。RAM容量も今回から公式サイトで明示的に8GBとされており、スペックシート上は非公開ながら4GBだと判明していた先代モデルの2倍に。iPad Proは512GB以下のモデルではRAMが8GBとなっているため、チップとRAM容量だけで見ればiPad Proのベースモデルと同等に。

処理性能だけで見ればM1チップ搭載とRAM増量でほぼiPad Pro相当となり、通信面も4Gどまりだったものがアップデートされ5G対応となっています。

逆に11インチiPad Proと比べて欠けている点は超広角カメラ、画面の120Hzの高フレームレートのProMotion、顔認証のFace ID(代わりに指紋認証のTouch IDを搭載)、スピーカー(Proは4つのため縦横どちらもステレオ対応、Airは2つのため横のみ)、Thunderbolt 4接続、512GB以上の内蔵ストレージ容量。また、画面サイズ・解像度もiPad Proの方が僅かに大きくなっています。

価格は74,800円からとなっており、先代モデルから5,720円の値上げ。iPad Proと比較すると2万円の差があるため、これらのAir/Proの差分に2万円分の価値を感じるかが選定のポイント。なおストレージ容量を両者256GBに揃えて比較した場合の価格差は1.4万円に縮まります。

高速な外部ストレージにデータ転送できるThunderbolt 4ポートや、2TBまでの大容量の内蔵ストレージが選択可能なので、動画編集などでiPadで大容量のデータを扱いたい場合はiPad Proがおすすめですが、処理性能的にも大きく差別化されていないためほとんどの場合iPad Airで十分なのではないでしょうか。

また、iPad Airはカラーバリエーションが豊富なのも魅力。iPad Proはシルバーとスペースグレイの2色ですが、iPad Airはスペースグレイ・スターライト・ピンク・パープル・ブルーから色が選択可能。無彩色でない色のiPadが欲しい方にもiPad Airはおすすめです。

個人的には今まで2018年モデルと2020年モデルのiPad Proを買ってきましたが、2021年のiPad Proは見送っており、今回Proから乗り換えでM1チップを新たに搭載しコストパフォーマンスに磨きの掛かったiPad Airを購入する予定です。

第5世代iPad Airは3月11日から予約受付が開始、3月18日から発売予定。予約はAmazon.co.jpビックカメラ.comなどの通販サイト、Apple公式サイトあるいは以下の通信キャリアから。

容量・Wi-Fiモデル/セルラーモデルの選び方や予約できる場所は「M1チップ搭載のiPad Air (第5世代)は3月11日22時予約受付開始。価格・64/256GBモデルの選び方を解説」にて解説しているので、併せて参考にしてみてください。

iPad Air(第5世代)向けのおすすめアクセサリ・周辺機器

iPad Airを便利に使うためのおすすめのアクセサリや周辺機器を別記事でまとめてみたので、iPad Airを買った方は是非参考にしてみてください。

動画による解説

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車でカフェめぐり。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!