Apple新製品まとめ。新iPhone SE/iPad Air、M1 Ultra搭載Mac Studio、Studio Display登場

日本時間2022年3月9日3時より行われたApple Eventにて、Appleの今期の新製品が発表されました。


今回のApple Eventのコピーは「Peek Performance」、日本向けは「最高峰を解禁」という事で、新開発の「M1 Ultra」チップを搭載した新しいMac Studioが目玉の発表となりました。

1. iPhone 13/iPhone 13 Proに新色グリーン追加

iPhone 13とiPhone 13 miniには「グリーン」、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxには「アルパイングリーン」の新色が追加されました。

新色は3月11日金曜日から予約注文が開始され、翌週3月18日に発売予定。

2. iPhone SE(第3世代)

Touch IDの指紋認証を搭載したiPhone SEの2022年モデルが発表。筐体の形状は2020年にレビューした第2世代モデルに引き続きホームボタンを搭載したクラシックなiPhoneの形を引き続き採用しており、性能面を現行モデルとしてアップデートした格好。

第2世代→第3世代で変更されている点は以下のとおり。

  • 5Gに対応
  • チップがA13 Bionic→A15 Bionicに
  • 電池持ちが最大13時間のビデオ再生→最大15時間のビデオ再生に
  • iPhone 13と同じガラスを両面に採用
  • 重量が148g→144gになり4g軽量化
  • カメラがDeep Fusion機能に対応
  • iPhone 13で登場したスマートHDR 4に対応
  • フォトグラフスタイルに対応
  • 1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
  • 内蔵GPS/GNSSのみから内蔵GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou対応に

2022年モデルとしてiPhone 13相当の性能に引き上げられています。

カラーバリエーションはミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDの3色展開で、ストレージ容量は64GB、128GB、256GBの3種類。

3月11日金曜日に予約受付開始で、3月18日発売予定です。価格は57,800円から。

iPhone SE(第3世代)の魅力は「iPhone SE(第3世代)は単体で輝く「iPhone Classic」的モデル。旧SEと比較しつつ魅力を検証」にて解説しています。

3. M1チップ搭載iPad Air(第5世代)

10.9インチディスプレイのiPad Airがアップデート。第4世代に引き続きホームボタン無し、側面にTouch IDを搭載した筐体となっており、新色のブルーに加え他のカラーも2021年モデルの第6世代iPad miniとカラーバリエーションが揃えられ、外観の世代が統一されました。

第4世代からアップデートされた点は以下のとおり。

  • 5G対応
  • A14 Bionic→M1チップに
  • フロントカメラが12MPの超広角に
  • フロントカメラがセンターフレームに対応
  • 重量はWiFiモデルが458g→461g、セルラーモデルが460g→462gと微増
  • RAMが4GB→8GBに

iPad Pro同様にApple M1チップを搭載し、先代モデルでは非公開ながら4GBとされていたRAM容量が今回から明示的に8GBに。ストレージ容量は64GBと256GBの2種類がラインナップされます。

価格はWiFiモデルが 74,800円から、セルラーモデルが92,800円から。3月11日から予約受付が開始され、3月18日から発売予定です。

先代モデルの第4世代iPad Air、スペックの近い第3世代11インチiPad Proとの比較は別記事にてまとめています。

4. M1 Ultraチップ搭載Mac Studio

Macのラインナップに完全新モデルの「Mac Studio」が追加。Mac miniのように画面を内蔵しないデスクトップPCで、M1 Maxチップに加え新発表のM1 Ultraチップが選択可能。

M1 Ultraチップは14インチ・16インチMacBook Proに搭載されたM1 Maxチップをベースに、2つのM1 Maxチップを相互接続するUltraFusionアーキテクチャを用いて作られています。

M1 UltraチップはM1 Maxの最大値であった64GBの2倍の128GBのRAMを搭載可能で、28コアMac Proよりも最大60パーセント高速なCPUパフォーマンスを実現しています。

背面にはThunderbolt 4端子が4つ、10Gb Ethernetポート、2つのUSB-A、HDMI、ハイインピーダンスヘッドフォン対応のオーディオジャックを搭載。全面にはUSB-Cが2つ、SDカードスロット搭載と、接続性がMacBook Proと比べても充実しています。

Mac Studioは本日よりApple公式サイトで予約可能で、価格はM1 Maxモデルが249,800円から、M1 Ultraモデルが477,800円から。発売は3月18日を予定しています。

5. 27インチ5K解像度のStudio Display

Apple製のモニターも新投入。27インチサイズの5Kディスプレイで、解像度は5,120 x 2,880。実質的にLGのUltraFine 5Kの後釜ポジションの製品です。

30度まで傾けられる標準のスタンドに加え、高さが調整できるオプションのスタンド、サードパーティのモニターアームなどと組み合わせられるVESAマウントアダプタもオプションで選択可能。

A13 Bionicチップを内蔵し、12MPの超広角カメラで動き回るユーザーに画角を合わせるセンターフレーム機能が利用可能。内蔵マイクは3マイクアレイ、スピーカーはMac史上最高としている6スピーカーサウンドシステムを搭載。

背面にはMac接続用のThunderboltポートを搭載し96Wの電力を供給可能で、MacBook Proに最大3台のStudio Displayを接続可能。また、USB-Cポートを3つ搭載し外部アクセサリを接続することも可能となっています。

価格は199,800円からとなっており、Apple公式サイトで本日から購入が可能、3月18日お届け予定。


今回発表された新製品はMac StudioとStudio Displayが本日から、iPhoneとiPadが3月11日金曜日から予約受付開始予定で、発売日はいずれも3月18日となっています。


個人的にはMac Studioが長年待ち続けた「Mac miniとMac Proの中間のモデル」で待ち侘びた機種ではありますが、年末にMateView+M1 Max MacBook Proで環境を構築してしまったばかりなのでMac Studio+Studio Displayの環境はタイミングが悪く一旦保留。ただやはり長年欲しいと思っていたモデルがようやく満を持する形で登場したので、正直だいぶ欲しい気持ちがあり歯痒いところです。

iPad Airに関しては第6世代iPad miniが気に入っているので、同じパープルで揃えて買ってApple Pencilと合わせてクリエイティブ用途で使ってみようかなと思っています。金曜日に予約受付が開始次第買おうと思っているので、在庫が無くなる前にSmartFolioだけ先回りして注文してみました。

Appleの今回の発表は以下の公式YouTubeから再生可能なので、気になる方はどうぞ。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車「エリーゼ」「ジュリエッタ」でのドライブとカフェ開拓。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!