Apple Watch公式のオフホワイト色「スターライト」ブレイデッドソロループをレビュー

Appleが3月9日の発表会のストアのリニューアル時に追加したApple Watch用ブレイデッドソロループの新色「スターライト」を写真で紹介していきます。


「スターライト」という名前は2021年にiPhone 13やiPad miniのカラーとして導入された名称で、シャンパンカラー寄りの暖色がかった白系統となっています。3月9日の発表にあったiPhone SE(第3世代)の白系カラーとしてもラインナップしており、現行Apple製品の白枠を担うカラーとなっています。

今回はその「スターライト」がApple Watchのブレイデッドソロループにもラインナップされたので、写真で紹介していきます。

ブレイデッドソロループはApple製のApple Watchバンドで、自分に合ったサイズであらかじめ購入することで留め具よるサイズ調整が不要になる「ソロループ」をシリコンではなく系の編み込みで作った上位モデル。当ブログでも2020年の登場時に「インバネスグリーン」をレビュー、のちに「イングリッシュラベンダー」も紹介しています。

パッケージには「Starlight Braided Solo Loop」とカラーの英語名称が印字されています。

バンドはマニュアル一体型のペーパークラフトに挟まれており、引っ張って取り出す仕組み。

こちらがバンド本体。サイズは1。

Apple Watch本体との接合部分。

ステンレスシルバーのApple Watchと繋いだところ。接続部分の金具が隠れるためボディ本体との金具の相性を気にする必要ないのが魅力ですが、シルバー系のApple Watchとは相性がとても良く見えます。

色味としてはホワイトともグレーとも言えない絶妙な色で、オフホワイト系ですが彩度は控えめという感じでしょうか。個人的に今までのブレイデッドソロループの中でもお気に入りの色になりました。

ブレイデッドソロループはサイズ決め打ちで購入してサイズ調整無しに一発で装着でき、ぴったり合うジャストフィット感が毎日使う上で気持ち良い、使い心地の良いバンド。ただカラーバリエーションに癖があり、登場した当初もしっくりくる色が無く消去法でミリタリー系のグリーンを買ってレビューしていました。

今回登場した「スターライト」は多くの人におすすめできる守備範囲の広いカラーで、実際SNSの反応や在庫の減り方などを見ていても「今までしっくりくる色が無かった」という方でも今回はピンときたという方も少なくはないのではないかと思います。

普段使いの使い心地に関しては本当に一番気持ち良いバンドなので、色が気に入ったのであれば強くおすすめしたい一品。Apple Watchのバンドに限らずApple純正アクセサリの色に関しては半年で終売してしまうことも珍しくないので、色で欲しいと思ったのであれば後悔の無いよう販売期間が終わる前に買っておくのがおすすめです。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車でカフェめぐり。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!