10.2インチ・ペン対応の「Kindle Scribe」が11月30日発売、47,980円から

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」シリーズに、手書き入力対応の10.2インチ大画面モデル「Kindle Scribe」が追加されます。


Kindle Scribeは「読み書き一体型」のKindle電子書籍リーダー。10.2インチ・300ppiの高解像度ディスプレイを搭載し、シリーズ初の機能として付属のペンで本に書き込みをする事ができるデバイスとなっています。

付属のペンは「スタンダードペン」「プレミアムペン」の2種類から選ぶ事ができ、いずれも充電不要かつマグネットで着脱が可能。プレミアムペンにのみペン先の逆側に消しゴム・側面のショートカットボタンを備えます。

バッテリーはUSB type Cによる充電で、9Wの充電器で2.5時間で満充電可能。満充電から読書機能のみで最大12週間、手書き入力を利用しても最大3週間、充電無しで利用できます。

容量はスタンダードペン付きが16GBのみ、プレミアムペン付きが16GB・32GB・64GBの3種類から選べます。

価格は以下のとおり。

スタンダードペンモデルとプレミアムペンモデルの差額は4,000円となっており、ペン単品で買う場合もそれぞれ4,980円9,980円と差額は同じ。ペン先はパッケージに5個同梱され、交換用のペン先は10個1,980円で販売されています。

Kindle本への書き込み以外にもPDFやMicrosoft Word、画像、HTML、EPUBファイルなどに手書きでメモを追加する事もでき、ファイルはブラウザやKindleアプリからKindleへ送信する事ができます。

本体サイズは196×230 mm×5.8mmで、重量は433g。参考までに、同じ10.2インチディスプレイの現行iPadが487gとなっているので、比べると約50g軽量となっています。

発売日は2022年11月30日。なお、Amazonの購入ページでは5ヶ月の分割手数料無しの5ヶ月分割払いも可能となっています。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車「エリーゼ」「ジュリエッタ」でのドライブとカフェ開拓。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!