ガジェットショット

iPhone X用の画面保護ガラスは位置が合わせやすいSpigen製がおすすめ

kirica

iPhone Xは従来のiPhoneと比べて狭額縁ディスプレイを採用しているため、ガラスタイプの保護フィルムの位置を合わせる難易度が高くなっています。今回はそのiPhone Xで重宝する位置合わせ補助機能のついたSpigenの保護ガラス「GLAS.tR SLIM」を紹介します。




SpigenのGlas.tRシリーズは保護フィルムが主流だった頃にいち早く投入されて以来、定番となっているガラス製の画面保護アクセサリ。今回はiPhone X用のものをレビュー用に頂いています。



今回レビューするGlas.tR SLIM本体。iPhone Xの画面形状の形になっています。



ポイントはこの両端のツマミ。iPhone Xはディスプレイとベゼルの境界線が非常に分かりづらいため、このツマミが貼り付け時に重宝します。貼り付け手順としてはBackと書かれた接着面の保護フィルムを剥がし、このツマミを持って画面を綺麗に拭いたiPhone X本体に取り付けます。



コツとしてはiPhone Xはベゼルの境界線がシームレスになっている事から、画面をスリープせずに点灯したまま装着作業を行うとスムーズに貼り付ける事ができます。



iPhone X本体に貼り付けたところ。撥油コーティング加工が施されており、画面保護だけでなく滑らかなタッチ操作ができるのもポイント。iPhone X用の保護フィルムを探している方はこのGlas.tR SLIMはオススメできる安定の選択肢です。

価格はAmazonにて1,290円。家電量販店で販売されているガラス製のディスプレイ保護製品と比べるとかなりお手頃価格となっています。購入は以下のリンクからAmazonや公式ストアから可能です。

メニュー
閉じる