ガジェットショット

3万円で防水防塵・おサイフ・ワンセグ搭載の国産SIMフリースマホ「arrows M03」ハンズオンレビュー

kirica

先日の楽天モバイルタッチ&トライイベントにて触る機会のあった富士通のarrows M03をレビューしていきます。


arrows m03 02

arrows M03はドコモから7月に発売されたarrows SV F-03HをベースにしたSIMフリーのスマートフォン。おサイフケータイ、防水・防塵、ワンセグなどの国内機能を搭載しつつも、3万円台前半の低価格を実現した機種となっています。

arrows m03 04

背面は一枚板のデザインとなっており、ドコモ版には無かったブランドロゴが中央に配置されています。

arrows m03 05

アルマイト処理を施したアルミのフレーム。

arrows m03 06

下部にmicroUSB端子を搭載。

arrows m03 07

SIM/microSDスロットは側面の防水パッキン搭載のキャップの中にあります。

arrows m03 08

イヤホンジャック・ワンセグアンテナを上部に搭載。

arrows m03 11

ワンセグアンテナは収納式で、外部のアンテナケーブルは不要。

arrows m03 14

こちらは楽天モバイル限定カラーのゴールド。

arrows m03 15

背面。

arrows m03 16

FeliCaは上部のオーソドックスな位置に配置。

arrows m03 17

下部にはarrowsロゴ、M03の型番、MADE IN JAPANの文字が刻まれています。

arrows m03 21

こちらはピンク。

arrows m03 22

ピンクの背面。

arrows m03 23

フレームの質感にも高級感があります。四隅はエッジを持たせる事でカメラ撮影時に横持ちした際にグリップしやすくなっています。

キャリアモデル譲りの多機能を搭載

arrows m03 09

格安モデルながら、キャリアモデルのarrowsシリーズ譲りの多機能も搭載。画面端から独自ランチャーを起動できます。

arrows m03 10

WiFi/LTEを同時に使えるマルチコネクションやブルーライトカットモード、手袋モードなど富士通が歴代arrowsシリーズで培ってきた機能が惜しまず搭載されています。

arrows m03 12

マルチタスクの全て終了ボタンが左側にあるのはやや気になるところ。

arrows m03 20

Android 6.0の電源ボタン2度押しでスリープ解除せずにカメラを起動できる機能もしっかり搭載。


歴代arrowsシリーズで培ってきたAndroidのカスタマイズをそのまま引き継ぎつつも、ハードウェアとしてはSnapdragon 410・RAM2GB・ストレージ16GB・解像度1280×720と価格を抑えた構成になっており、おサイフケータイ・防水防塵・ワンセグ・ストラップホールなどの国内向け機能も網羅、デザインもXperiaライクな格安スマホを感じさせないものとなっており、取捨選択のメリハリを持たせながら低価格・多機能なモデルに仕上がっています。

スペック・機能やカメラの写真の作例などの詳細レビューは外部媒体のモバレコにて寄稿しているので、参考までに。

design_p3_img

カラバリとしては基本カラーのブラック・ホワイト・ピンクに加え、楽天モバイル限定のゴールド、mineo限定のグリーンをラインナップ。

なお、mineoではarrows M03本体価格が一括31,800円と安い上、8月29日までの先行予約キャンペーンに応募するとAmazonギフト券が2000円分プレゼント、契約事務手数料3000円が無料と、計5000円分お買い得となっています。発売日は9月1日とやや遅いものの限定カラーも魅力的で、購入を考えている方には狙い目なのではないでしょうか。

価格帯としてはFREETEL SAMURAI REIファーウェイのP9 liteなどの人気機種と並びつつも、防水防塵・おサイフケータイ・ワンセグなどの大手キャリア向け端末と同等の機能を兼ね備えており、この価格帯・この機能で見ればarrows M03は他社の追随を許さない機種。これらの機能が手放せない大手キャリアのユーザーにとっての格安スマホ・格安SIMへの渡し船になりそうです。

メニュー
閉じる