ガジェットショット

SoftBank、感情認識ロボット「Pepper」を2015年2月より19.8万円で一般販売開始へ

kirica

ソフトバンクモバイルは本日の発表会にて、フランスのアルデバラン社と共同開発した人間の感情を認識するロボット「Pepper」を発表しました。


index_pic_03

Pepperは人間の声のトーンなどを解析して感情を認識し、自律的に判断し行動する「感情を持った」ロボット。赤外線センサーで人との距離を把握したり、感謝された事を学習するなど、コミュニケーション能力に特化しています。また、学習したデータはクラウド上で共有され、Pepper同士の集合知による加速的な成長に繋がります。製造を担うのはAppleのiPhoneの製造などで知られるフォックスコン社。

12時間以上の連続駆動を実現し、重さは28kg。開発者は独自の「ロボアプリ」の開発が可能で、機能の拡張ができます。

明日の2014年6月6日よりソフトバンク表参道およびソフトバンク銀座にてソフトバンンクのクルーとして設置され、一般ユーザーも体験する事が可能に。9月には、東京で技術仕様や開発方法の詳細などを公開するテックフェスティバルの開催およびSDKの提供が予定されており、翌年2月にソフトバンクショップにて一般販売が開始。価格は19.8万円。

価格以外の詳細な販売形態は公表されていませんが、ソフトバンクショップでの販売という事で他のソフトバンクのデバイス同様分割払いが可能になるとすると24回払いの月々8250円で利用可能で、かなり一般家庭の手が届く価格帯まで落としてきている事がわかります。

ソフトバンクモバイルとアルデバラン、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表 | 企業・IR | ソフトバンク

メニュー
閉じる