eSIM/FeliCa搭載Apple Watch Series 3の未使用品が3万円前後の特価。販売終了のステンレスモデルも格安に

eSIM/FeliCa搭載Apple Watch Series 3の未使用品が3万円前後の特価。販売終了のステンレスモデルも格安に

Apple Watch Series 3のセルラー版の未使用品が中古スマートフォンなどを取り扱っているイオシスにて特価で販売されています。


Apple Watch Series 3は現行モデルのApple Watch Series 5の2世代前のモデル。Series 4にて丸みを帯びたフォルムにリニューアルされる前の機種ながら、機能としてはiD/QUICPay/Suicaが使えるApple Payを搭載し、セルラーモデルでは大手キャリアのiPhone回線に紐付けて単独で通信/通話できるeSIMを内蔵。旧機種ではあるものの、Apple Watch Series 5の発売とともに2019年夏にApple直販エントリーモデルとして値下げしてラインナップされた機種となっています。

Apple販売終了品のSeries 3ステンレス版も未使用特価

今回イオシスで特価となっているのは、Apple Watch Series 3のアルミニウムモデルおよびステンレスモデルで、いずれもセルラー版の42mmサイズ。未使用品が税込28,800円~30,800円でラインナップされており、アルミニウムモデルに関してはApple直販の新品より約5,000円ほど安くなっています。

特に注目なのはステンレスモデル。Apple Watchは社外バンドに交換する事でバンド部分はコスパ良くレザーバンド金属バンドに交換して楽しむ事ができますが、高級感のあるバンドに交換するのであればやはりステンレスモデルを選んでおきたいところ。現行モデルの価格設定としては全く同じApple Watchのアルミニウムとステンレスの間には33,000円の価格差がありますが、今回の特価で販売されている未使用品はステンレスモデルでも税込み30,800円とかなりお買い得となっています。

アルミニウムモデルに関しても税込み28,800円となっており、未使用のセルラー搭載Apple Watchとしてはかなりの割安。機能面で見れば違いは無く、またアルミニウムモデルの方が軽量のため、実用性で見ればこちらもおすすめです。

Apple Watch Series 3が現行モデルと比較して機能的に劣る点と言えば処理性能、トランシーバーとして使う際の内蔵スピーカーの音量、画面の常時表示、電子コンパスあたりが挙げられますが、Apple Watch上のアプリをそれほど使い込まず、主に時計・電子決済・通知受信用として考えれば十分アリな選択肢。

今回入荷した未使用品の台数はかなり限られているようなので、気になる方はイオシスを是非チェックしてみてください。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。