ワイモバイル特価でXperia 8が50,400円→32,400円、HUAWEI P30 liteが28,800円→10,800円に

ワイモバイル特価でXperia 8が50,400円→32,400円、HUAWEI P30 liteが28,800円→10,800円に

先日iPhone 7とLibero S10が特価になったワイモバイル春のオンラインストア大感謝祭セールに、新たにXperia 8とHUAWEI P30 liteが追加されています。


ワイモバイル春のオンラインストア大感謝祭セールは、新規契約を条件にワイモバイルの取り扱う機種を大幅割引で購入できる春のキャンペーン。2020年3月31日まで実施予定のキャンペーンとなっており、春の新生活向けてスマホを安く購入する事ができます。

今回特価に追加されたXperia 8、P30 liteを加えた特価機種の価格一覧は以下のとおり。

機種 通常価格 特別価格
Xperia 8 50,400円 32,400円
HUAWEI P30 lite 28,800円 10,800円
iPhone 7 32GB 44,640円 26,640円
iPhone 7 128GB 55,440円 37,440円
Libero S10 23,760円 5,400円

今回追加された機種も全て割引適用の条件は「1. 新規契約あるいは他社からの乗り換え」と「2. スマホベーシックプランM・Rに加入」の2つ。

スマホベーシックプランM、スマホベーシックプランRの料金・月間高速データ通信容量は以下のとおり。

プラン 月額 月間通信容量
スマホベーシックプランM 3,680円
2,980円
(6ヵ月間割引)
9GB
12GB
(1年間増量)
スマホベーシックプランR 4,680円
3,980円
(6ヵ月間割引)
14GB
17GB
(1年間増量)

Mは中容量、Rは大容量のプランとなっており、いずれも新規契約に伴い月額が6ヵ月間700円引きとなる「新規割」と、データ通信量3GB増量(500円/月)が1年間無料となる「データ増量無料キャンペーン2」の割引を受けられます。

Xperia 8は価格を抑えつつも21:9の縦長ディスプレイを搭載したソニーモバイルのスマートフォン。手に持ちやすいスリムな筐体でありながら、縦に長いため多くの情報を一度に表示可能。画面分割によってYouTubeを再生しながらSNSを見るといったながら作業にも向いています。レビューは以下のリンクから。


P30 liteはAmazonにて約2.6万円で販売されているスマートフォン。低価格帯のコストパフォーマンスに定評のあるファーウェイの機種で、この価格帯でありながらトレンドの超広角カメラをしっかり搭載。4GBのRAM、64GBの内蔵ストレージを搭載しており、プロセッサはKirin 710。ベンチマークスコアだけで見ればXperia 8の約1.6倍程度の処理性能となっており、10,800円で購入できるスマホとしては非常にコストパフォーマンスの高い一台です。


ワイモバイルは大手3キャリアの回線を借りて提供されているMVNOの格安SIMとは違い、ソフトバンクの低価格ブランドとして提供されている回線。全国の実店舗が利用可能なだけでなく、通信速度に関しても格安SIM特有のピークタイムの速度低下の影響を受けにくいのが魅力。その回線を2,980円で12GB利用でき、端末も割安で手に入るのはコストパフォーマンスの良い選択肢なのではないかと思います。春のオンラインストア大感謝祭セールの申し込みページは以下のリンクから。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。