たった30gのワンコインサイズで30分でiPhoneを5割PD充電できる「Anker PowerPort III Nano」を試す

たった30gのワンコインサイズで30分でiPhoneを5割PD充電できる「Anker PowerPort III Nano」を試す

Ankerから新発売されたUSB充電器「Anker PowerPort III Nano」を買ってみました。


Anker PowerPort III NanoはAnkerが今年次々と発売している超小型USB充電器シリーズの最新モデル。以前もAnkerはAnker PowerPort Atom PD 1という30W出力の超小型USB充電器を発売していますが、今回は出力をスマートフォンに最適な18Wに抑える事で更に大幅に小型化、500円玉ワンコインほどのフットプリントに収まる超小型サイズとなっています。

USB type Cポートを使ったUSB PD充電器は従来のUSB充電よりも高速に端末を充電する事ができ、例えばiPhoneであれば30分のUSB PD充電で最大50%までバッテリーが充電できるとメーカーは公表しています。出先の限られた時間に一気に充電したい等のシーンで活躍する充電器です。

それでは早速開封して紹介していきます。

パッケージはコンパクトですが、本体は更に一回りコンパクト。裏には簡易マニュアルや保証書が入っており、本体を支える水色のブロックは空洞。本体サイズというより付属書類に合わせて箱のサイズをギリギリまで小さくした形かと思われます。触る前から凄まじいコンパクトさを感じます。

こちらがAnker PowerPort III Nano本体。コンセントプラグ部分は格納せずむき出しの仕様。最小サイズのためには仕方のない部分ですが、他の荷物と入れた場合の干渉が気になるようであればコンセントプラグ用カバーを装着しても良いかもしれません。

こちらがUSB端子側。PowerIQ 3.0のロゴがプリントされています。PowerIQ 3.0はUSB PD充電のほか、QuickCharge 3.0にも後方互換を持った充電システム。USB PD規格的には横着ですが、両方に対応している格好となっています。

背面のコンセントプラグ側。少ない面積にみっちり印刷が詰め込まれています。

側面にはAnkerのブランドロゴがプリントされています。

iPhone 11 Pro(5.8インチ)とサイズ比較

今年の新モデルのiPhone 11 Pro(Maxではない、5.8インチの小さい方)とサイズ比較。USB PD充電できてこの超小型サイズはインパクトがあります。

Anker PowerPodt Atom PD1とサイズ比較

窒化ガリウム採用充電器として登場して市場にインパクトを与えた30Wの超小型充電器Anker PowerPort Atom PD 1とのサイズ比較。30Wから18Wに出力が減っているものの、衝撃的だったPD 1のサイズより更に劇的にサイズダウンしているのだから驚き。用途がスマートフォンの充電であれば30Wはオーバースペックで出力を活かしきれないので、PCの充電に使わない方は今回のPowerPort III Nanoを選ぶのが良さそうです。

Apple純正18W充電器と比較

AppleのiPad ProやiPhone 11 Proに付属する18Wの純正USB充電器と並べたところ。USB PDの出力性能的には同じですが、圧倒的にPowerPort III Nanoの方がコンパクトです。

スマホ用の超小型急速充電器としては衝撃的な一台

超小型&USB PDの急速充電のUSB充電器は今年のトレンドですが、今回のPowerPort III Nanoはその中でも卓越して小さい新製品。手の大きな成人男性であれば親指のサイズと良い勝負かもしれません。写真でもかなり小さくは見えますが、実物だと更に小さく見える印象です。

18W出力という事で、スマートフォンの充電であればこれで十分。もしより大きな出力が必要なiPadやMacBook、MacBook Air用に使うのであれば30Wまで対応したAnker PowerPort Atom PD 1、更に高出力が必要なiPad ProやMacBook Pro、その他ハイパワーなノートパソコンであれば61W出力に対応したRAVPower 61W USB-Cと、必要な出力に合わせて選ぶのがおすすめです。なお大は小を兼ねるので、61Wのものを買って全てを賄う形でも問題ありません。

充電用ケーブルはAndroidであれば対応したUSB type C-USB type Cケーブルであればそのまま充電が可能、iPhoneであればUSB type C-Lightningケーブルが必要です。

今年は何度か超小型のUSB充電器を買ってレビューしていますが、今回のAnker PowerPort III Nanoはその中でも規格外に小さくて驚きました。コンセントプラグを格納できないというデメリットはあるものの。コンパクトさではダントツ。価格もキャッシュレス払いで1,900円とお手頃なのも嬉しいところ。超小型かつiPhoneを30分で5割まで急速充電できるので、小さくて速いスマホ充電器を探している方はこれで決まりなのではないかと思います。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。