2020年お気に入りのApple Watchバンド。Apple純正「ライラックモダンバックル」をレビュー

2020年お気に入りのApple Watchバンド。Apple純正「ライラックモダンバックル」をレビュー

2020年の頭から半年間愛用しているお気に入りのApple Watchバンド「ライラックモダンバックル」を紹介します。


モダンバックルはApple純正のApple Watchバンド。レザーのバンドをマグネットの金属の金具で繋ぐバンドで、見た目の良さと実用性を兼ね備えたアイテムとしてヘビロテ中です。

先日処分価格で入手したルビー(PRODUCT)REDを紹介したばかりですが、長く愛用している方のカラーも改めて紹介していきます。

ライラックモダンバックルは既にApple公式サイトでは終売しているカラーで、家電量販店や通販サイトでのみ入手可能。自分はSサイズをビックカメラ.comにて購入しましたが、LサイズであればAmazonにもまだ在庫が残っているようです。

側面の製品名プリントは「Lilac Leather Modern Buckle」。カラーが先にくるのが素敵です。

こちらがパッケージの中身。

独特なマグネットのバックルの装着マニュアルがパッケージと一体になっています。

こちらがバンド本体。

バンドはS/M/Lの3サイズ展開となっており、そこから若干のサイズ調整ができるように穴が開けられています。なお、一度固定すればあとは着脱はマグネットになるので動かす必要は無し。

通常の腕時計のバンドのように穴を合わせます。

別アングルから。

反対側の金具はマグネットで裏側に吸着する側となっているので、外側にこの面がくるのが少し不思議な感覚です。

ステンレスのApple Watch Hermès Series 4に装着したところ。

マグネットの金具をくっつけるとコンパクトに収まります。

腕につけたところ。とてもスタイリッシュで気に入っています。

金具側。本体側のステンレスと裏の金具側の質感が揃っており、ペア感があるのがデザインのお気に入りポイント。

左右のボタンを押せばワンタッチで取れるのも便利。

実用性、スタイリング、色、質感全てがお気に入りのバンド

Apple純正のモダンバックルは中々良いお値段で、今回の購入額は16,800円。数年前から気になっているバンドだったものの、正直なところ地味に高い価格で躊躇していました。

今回は「ライラック」色が公式サイトで終売になっており、家電量販店でもいつ手に入らなくなるか分からない、という事もあって思い切って購入。結論から言えば買って良かったと思っています。

まず実用性の面。通常のバンドは着脱するたびに金具を穴に通す必要があり、付け外しに若干の手間がかかります。本当に若干なのですが、このモダンバックルのマグネット着脱がその「若干の手間」を取り払ってくれるだけで毎日の着脱動作が減ったのがとても快感でした。取り外すのも、横の金具を両側から押し込むだけ。一瞬で取れます。

更にレザーバンドながら、Apple Watch Hermèsのバンドのように水濡れで一瞬で跡になってしまうといった事も無し。ストレスフリーに毎日使い続けられるバンドだと感じています。

色に関しても満足しており、このライラックの絶妙な色使いは今後手に入らないと思うと押さえておいて良かったです。ここは個人的な好みも大いにあるところですが、気に入った好きな色のバンドを毎日付けられるに越した事はありません。

半年使っていて金具部分の光沢の擦れがやや出てきたものの、ここは使い込んでいるので許容範囲。今後もApple Watchを使い続ける限りは使っていきたいバンドです。

ライラックモダンバックルは現在ビックカメラ.comで40mm用のSサイズ/Mサイズ/Lサイズが販売されており、いずれも在庫あり。38/40mmのApple Watchを使っている方で、ライラックカラーが好きな方には是非おすすめしたい一品です。


 
今回紹介したバンド以外にも、今までこのブログでレビューしてきたバンドの中から厳選しておすすめのおしゃれなApple Watchバンドまとめ記事にてまとめているので、是非参考にしてみてください。
キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。