iPhone 12の青に最適化された「メタリックブルー」 のFrost Airレビュー。ライバルのmemumiとも比較

iPhone 12の青に最適化された「メタリックブルー」 のFrost Airレビュー。ライバルのmemumiとも比較

iPhone 12/iPhone 12 Pro用のFrost Airの「メタリックブルー」をメーカーのCASEFINITEさんに評価用に頂いています。


CASEFINITEの0.6mmの超薄型ケースFrost Airの「メタリックブルー」はiPhone 12のブルー・iPhone 12 Proのパシフィックブルー向けに新規に作られたカラー。今回は類似ケースのmemumiと比較を交えつつ、先日のアイスホワイトのFrost Airに続いてレビューしていきます。

こちらがパッケージ。

同じ超薄型ケースのmemumiはカメラ周囲の部分まで覆う形状のためiPhone 12とiPhone 12 Proで別製品ですが、Frost Airに関してはカメラの台座の外周までを覆うデザインのためiPhone 12、iPhone 12 Proで共通となっています。

こちらがケース本体。半透明の青系のカラーです。

memumiのケースと比較したところ。同じブルー系ながら、色味にはかなり差があります。形状としてはカメラ部分の切り抜きの差はありますが、それ以外は特筆すべき形状の差はありません。

それではiPhone 12のブルーに装着していきます。

iPhone 12に装着したところ。表からぱっと見た印象では、ケースを着けている感じがほとんどしません。

裏面。Appleロゴがうっすら見える透過率です。

下部。スピーカー・マイクの穴は精度が高く、一体感の強いデザインです。

左側面。ボタン周りは本体剥き出しになる形状ですが、0.3mmのmemumiと比べてこちらは0.6mmのため、memumiと比べると僅かに凹んで感じます。

右側面。高い一体感があります。

カメラ周りの四角形の台座を囲うように盛り上がりがある形状で、カメラの高さ分はしっかり保護されています。

薄さに加えて、色味の一体感も抜群の超薄型ケース

0.6mmの薄さによるFrost Airの持ちやすさや一体感は先日iPhone 12 mini用のアイスホワイトをレビューして十分に体感していましたが、今回実際に試した「メタリックブルー」はiPhone 12のブルーとの一体感が色味の点でも抜群。持った感触としても、見た印象としても「ケースを着けていない」に近い感覚のケースとなっています。

0.3mmのmemumiと比べるとカメラレンズの台座部分がカバーされず外周を囲うにとどまるため見栄えが良く、0.6mmと薄すぎないため本体がヨレにくく着脱もこちらが楽。かといって分厚く感じるほどでもなく、価格的にはmemumiの1,570円と比べて2,899円と高いものの、価格差はクオリティにも反映されていると感じており個人的にはFrost Airの方が好みです。

落下時の衝撃吸収性能は期待できないものの、それが必要無くスリムで傷からの保護ができるケースが欲しいという方には限りなく最適解に近い製品。新色として追加されたブルーの色味も非常に良く、ブルー系のiPhone 12シリーズを使っている方には是非おすすめしたい一品です。



iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro Maxに最適なiPhone 12シリーズ用ケースのおすすめはiPhone 12/12 Proシリーズ用おすすめケースの記事でMagSafe対応、超薄型、耐衝撃、ストラップホールの有無などの目的別にまとめているので是非参考にしてみてください。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。