ガジェットショット

透明・耐衝撃・キックスタンドSpigenのiPhone 7用ケース「ウルトラ・ハイブリッドS」を試す

キリカ(管理人)

Spigenさんより、キックスタンド機能を新たに搭載した新作iPhoneケース「ウルトラ・ハイブリッドS」のサンプルをレビュー用に頂いています。


spigen-ultra-hybrid-s-1

今回レビュー用に頂いている「ウルトラ・ハイブリッドS」は従来の耐衝撃ケースのウルトラ・ハイブリッドに以前レビューしたキックスタンドのU100を組み合わせたもの。今回はiPhone 7用のものを頂いたので、ジェットブラックのiPhone 7で試していきます。

spigen-ultra-hybrid-s-2

こちらが本体。パッケージから出した状態では両面に保護フィルムが装着されているので、まずはこれを剥がして使います。

spigen-ultra-hybrid-s-3

iPhone 7に装着したところ。

spigen-ultra-hybrid-s-4

下部のポート周り。

spigen-ultra-hybrid-s-5

背面についているキックスタンドは同社のU100そのもの。

spigen-ultra-hybrid-s-6

ケース自体はジェットブラックとは相性が悪いようで、写真のように模様が発生してしまいます。

spigen-ultra-hybrid-s-7

四隅にはエアークッションテクノロジーと称した耐衝撃ギミックを搭載。

spigen-ultra-hybrid-s-8

ボタン周りは完全に覆うタイプのケースとなっています。

spigen-ultra-hybrid-s-9

キックスタンドでiPhoneを立てたところ。なお、キックスタンドの位置は一箇所固定となっています。


基本的に今回のウルトラ・ハイブリッドSは従来のウルトラ・ハイブリッドにU100のキックスタンドを貼り付けただけの製品と言って語弊は無いと思います。メリットとしては卓上で立てて動画鑑賞などに使えるようになることで、ステレオスピーカー搭載のiPhone 7ではより一層活躍しそうです。デメリットとしてはウルトラ・ハイブリッドに対して凹みを施すなどの特別な処置無くキックスタンドを貼り付けているだけなので、卓上に置いた際はキックスタンド部分が浮いてしまうという点。卓上に寝かせて置いて使いたい方は注意が必要です。

ウルトラ・ハイブリッドSの価格はAmazonにて2,390円。従来の製品2つを組み合わせたものとなっていますが、動画鑑賞に便利なキックスタンド・耐衝撃・クリアケースの条件が魅力的で、ジェットブラック以外のiPhone 7を使っている方には良い選択肢なのではないでしょうか。

メニュー
閉じる