ガジェットショット

iPhone SEを買う前に確保しておきたい5s互換のケース・アクセサリまとめ

キリカ(管理人)

本日発表され、24日に予約受付開始、31日に発売を控えているiPhone SEですが、iPhone 5sと同じサイズのため発売前に事前にアクセサリを買い揃えることができそうです。

1. 保護ガラス

IMG_1242

iPhone 5sはラウンドガラスを採用しているiPhone 6・6s・6 Plus・6s Plusと違い、画面がフラットなためディスプレイ保護ガラスとの相性が良く、エッジがラウンドした保護ガラスを装着すると保護性能と快適さを両立することができます。現在オススメなのはAnkerの保護ガラスで、700円という低価格ながら18ヶ月保証付きで安物買いの銭失いを避けつつ安く買う事が可能。

2. デザインフィルム


ラスタバナナの出しているデザインフィルムシリーズはiPhone 5sの角ばったデザインにマッチするアクセサリ。Xperiaシリーズ用のものを上記の記事でレビューしていますが、簡単に個性が出せてオススメ。ただしiPhone 5s用のものは在庫が少ないようなので、欲しい方はお早めに。

3. スキンガード

2013-01-13 17.05.52

iPhone 5の頃に人気だったSpigenの背面用シール。ラスタバナナのものと違い、レザー風の高級感のある質感が特徴。現在Spigenのアウトレットセールで390円に値下げされており、裸で使う際のデコレーションとしては非常に高いコストパフォーマンスです。ケース無しあるいは背面が見えるバンパータイプのケースを使う場合はデザインフィルムとどちらかお好みで。

4. ケース

spigen iphone 5s leather
iPhone 5s用ケースはiPhone 6・iPhone 6sと二世代置いて行かれていることもあり、実際探してみると取り扱い終了しているものが多いのが現状。今後iPhone SE用として改めてケースが出てくる時期まで選択肢は意外と少ない状態になりそうですが、在庫処分されているものを格安で買って使うのも手としてオススメ。

5. スリムなモバイルバッテリー


iPhone SEのコンパクトサイズを活かすには一緒に持ち運ぶモバイルバッテリーもスリムなものを選ぶと身軽になって非常におすすめ。個人的に愛用しているのがAukeyのスリムバッテリーで、3600mAhというiPhone 5sの2倍以上の容量を持ちつつも2枚重ねにしても苦ではないスリムさ故にポケットに一緒に入れていてもそれほど邪魔になりません。0.2mの短小ケーブルも付属するので、荷物をコンパクトにまとめたい方にはおすすめ。


ひととおりiPhone 5s用のアクセサリを漁ってみましたが、やはり発売から時間が経っていることもあり、取り扱い終了商品が目立つのが現状。当時愛用していたSpigenのネオ・ハイブリッドEXネオ・ハイブリッドなどのバンパーケースも取り扱いが終了しており、改めてiPhone SE向けのケースとしてリニューアルされるまでのお預けといったところです。iPhone 5sはiPhone 6系と比べるとバンパーケースが作りやすいフラットなボディとなっていることもあり、今後サードパーティのケース類が充実してくるのが楽しみなところ。

iPhone SEは各社24日より予約受付開始、31日発売。購入予定のある方は、とりあえずのところは注文が殺到する前にディスプレイ保護ガラスだけは確保しておくと良いかもしれません。

メニュー
閉じる