ガジェットショット

iPhone 7ジェットブラック外観フォトレビュー。外箱は黒の特別仕様パッケージに。

キリカ(管理人)

iPhone 7の新色「ジェットブラック」を運良く手に入れることができたので、取り急ぎ外観を写真で紹介していきます。


iphone-7-jet-black-01

ジェットブラックはiPhone 7・iPhone 7 Plusの新色。iPhone 6sまでは「スペースグレイ」の1色だった黒系のカラバリですが、iPhone 7からは光沢感のある「ジェットブラック」と通常のマットな質感の「ブラック」の2色展開に。他の「ゴールド」「シルバー」「ローズゴールド」と比べると樹脂のアンテナラインがボディの色と同化していて目立たないのが特徴となっています。

今回購入した「ジェットブラック」は他のカラバリにはない特殊な研磨処理を施したモデルとなっており、パッケージも箱の色が黒となっている特別仕様。ドコモ・au・ソフトバンクの販売するキャリア版、Apple直売のSIMフリー版ともに初期在庫が少なく入荷待ちの状態でしたが、Apple公式サイトにて運良く当日ピックアップ枠で在庫を確保する事ができました。

iphone-7-jet-black-02

なお特殊なのは外箱だけのようで、中の付属品は他のカラバリのパッケージ同様、白い紙で出来ているものとなっていました。ジェットブラックのみ特別感のあるパッケージを採用するのであれば、出来ればここも使い回しではなく、こだわってブラックにしてほしかったところ。

iphone-7-jet-black-03

内側のマニュアル類の入った仕切りを外すとiPhoneと対面。

iphone-7-jet-black-04

イヤホンジャック、ACアダプタなどの収まっているスペーサーも他のカラバリ同様白くなっています。以前書いたローズゴールドのiPhone 7 Plusの開封レビューと比較すると分かりやすいかもしれません。

iphone-7-jet-black-05

こちらがジェットブラックのiPhone 7。

iphone-7-jet-black-06

光沢感が画面側から背面まで続く統一感のあるデザインになっています。

iphone-7-jet-black-07

別アングルから。

iphone-7-jet-black-08

他の色と比べてボタン類があまり主張していない印象を受けます。

iphone-7-jet-black-09

表側。

iphone-7-jet-black-10

ホームボタンは今回から物理的な押し込みの無いボディ一体型の感圧式センサーとなっていますが、他のカラバリと比べてリングの色が別カラーになっていない分、一体感の強いデザインです。

iphone-7-jet-black-11

背面。近年のiPhoneには無かった光沢感のあるボディとなっています。

iphone-7-jet-black-12

カメラ部分。iPhone 6sにあった金属リングが無くなり、ボディがそのまま浮き出てきたかのようなデザインに。特にジェットブラックは光沢感からこのカメラ部分に存在感があり、粘度の高い液体の中からカメラが浮上してきたかのような印象的な形状となっています。

iphone-7-jet-black-13

内側のSIMスロット部分はマットブラックな質感。


iphone-7-jet-black-14

広告画像などでも今年のiPhone 7・iPhone 7 Plusで前面に押し出されている新色の「ジェットブラック」ですが去年のiPhone 6s・iPhone 6s Plusの新色ローズゴールドよりも今年は入手し辛い印象。自分はドコモオンラインショップで予約開始時間の20分後にようやく繋がり予約しましたが、未だに入荷の連絡は無し。待ちわびていたところ運良くAppleの当日ピックアップ枠で購入する事ができましたが、独特の質感に加えて入手困難なレアカラーな事も重なり、とても存在感のあるカラバリだと感じています。

ジェットブラックは公式ページでも摩耗しやすいと掲載されていますが、やはり存在感のあるカラーだけにケースなしで使ってみたいところ。実際に使ってみてどれくらい摩耗するものなのかも追ってレポートしていきたいところです。

メニュー
閉じる