ガジェットショット

iPhone 6/6 PlusでWiMAX 2+やSoftBank 4G(AXGP)に繋がっているか確認する方法

キリカ(管理人)

iPhone 6/iPhone 6 Plusは新たにTD-LTEのBand 41に対応しており、日本ではauのWiMAX 2+、SoftBank 4G(AXGP)に接続する事が出来ます。ただ、これはアンテナ表示などにも表れないため、繋がっているか確認する方法を紹介します。


iphone-6-plus-band-check
今回使うのはiPhoneで電波計測をしているユーザーにはおなじみのフィールドテストモード。iPhone 5s以前で利用されていたフィールドテストモードに入るためのコマンドはiPhone 6/iPhone 6 Plusでも健在で、そのまま利用できました。入り方は簡単で、4G表示の状態で電話アプリを開き「*3001#12345#*」と入力し、発信ボタンを押します。

serving-cell-info
続いてServing Cell Infoを選択。

iphone-6-plus-band-check02
Freq Band Indicatorに41と表示されていればTD-LTEのBand 41に接続されているため、auの場合WiMAX 2+、SoftBankの場合SoftBank 4G(AXGP)に接続されていることになります。


今回WiMAX 2+やSoftBank 4G対応は従来のFDD-LTEに加えTD-LTEに対応した形となっていますが、以前の+WiMAX端末のような通信量無制限などではなく、FDD-LTEとTD-LTEは同列の容量制限で扱われるため、実質既存のLTEに新たに対応周波数が追加されただけといった形と考えるといいでしょう。なお、Band 41の他にau版はFDD-LTEのBand 1(2100MHz)とBand 18(800MHz)、SoftBank版はFDD-LTEのBand 1(2100MHz)とBand 3(1700MHz)(一部地域では試験的に展開中のBand 8の900MHz)に対応しており、両者実質トライバンドLTEとなっています。

メニュー
閉じる