独特の質感、GALAXY S III Progre SCL21フォトレビュー

auの2012年冬モデル「GALAXY SIII Progre SCL21」を触ってきました。


auのGALAXY S IIIは金属の上にメッシュを被せたような、虫眼鏡で拡大した昆虫を彷彿させるような独特な質感です。今までのGALAXYシリーズとは違った質感だけに、評価が分かれそうな所です。


背面は拡大すると六画模様になっており、布の生地のようにも見えます。また今回GALAXYシリーズとしては珍しくストラップホールを搭載しており、今期他の機種もストラップホールを搭載していることからauの方向性としてストラップホールを搭載するようメーカーに指示している可能性が高いのではないでしょうか。

ソフト面に関しては良くも悪くもGALAXY S IIIであり、ドコモ版のGALAXY S IIIのそれと大きな相違点は見当たりませんでした。

※今回レビューしたのは発売前の展示モデルであり、製品版では仕様が異なる場合があります。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。