ドコモiPhone 5sのSIMカード、IMEI制限がかかりAndroidでの利用が不可に

nano SIMアダプタなどを利用してサイズを調整すれば非公式ながらドコモのAndroidで利用できたドコモ版iPhone 5sのnano SIMカードですが、順次制限がかかって利用が不可能になっているようです。


docomo-xi-android

ドコモで販売されているiPhone 5s/5cはiPhone専用の契約プランとなっており、ISPはspモードのみ(iモード・moperaなどは併用不可)、パケット定額はXiパケ・ホーダイ for iPhoneとなっています。

spモードに関してはiPhone販売以前からドコモのAndroid以外の機種ではデータ通信ができないようIMEI番号で制限がかかっていましたが、今回iPhoneで契約したSIMカードはiPhoneの個体のIMEIでなければ接続できなくなったようです。

Xiパケ・ホーダイ for iPhoneは通常他のプランへの変更はできず、変更しようと店舗の契約端末ではエラーが表示されてしまうようです。しかし、例外的に契約をAndroid用のXiパケ・ホーダイフラットへ変更する事もできるようで、どうしても今回の件で困った方はドコモショップに相談してみる事をおすすめします。

今回iPhoneでの契約がAndroid端末にてIMEI制限がかかる形になりましたが、iPhone以外のAndroid端末・データ端末で契約したspモードがIMEI制限によりドコモのiPhoneで利用できなくなる事も考えられます。

もしそのような流れになった場合、今後AndroidとiPhoneを跨いでSIMカードを使い回したい場合にはISPはmopera、パケット定額はXiパケ・ホーダイフラットで契約し、iPhoneで接続する際にはiPhone構成ユーティリティでAPNを上書きするという手順が必要になってくるので、該当ユーザーは覚えておくと良いでしょう。

悲報・ドコモiPhone 5s用nanoSIMがAndroidで使えなくなる – 伊藤浩一のWindows Phone応援団(旧W-ZERO3応援団)

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な物を見つけるのが楽しみ。10歳の頃にHTMLに出会い、以来理想のサイト作りを追求中。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」で行くドライブと写真撮影と甘いもの。