MacBookにローズゴールドモデルが登場、電池持ちやCPU/GPU性能が向上、SSDも高速に

AppleからMacBookの新モデルが発表されました。


macbook-2016

2016年モデルのMacBookは2015年モデルをベースにCPUをIntelの第六世代のものにアップグレードし、1.1GHzのCore m3、1.2GHzのCore m5、1.3GHzのCore m7をラインナップ。グラフィックはIntel HD Graphics 515となり最大25%のパフォーマンス向上。メモリは1866MHz駆動のより高速なものになり、ストレージはPCIeベースのより高速なものに変更されました。また、電池持ちも1時間長くなっているとのこと。2015年モデルのMacBookのレビューは以下の記事から。


また2016年モデルにはカラーバリエーションにローズゴールドが追加されており、iPhone同様4色展開となっています。詳細は以下のリンクから。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。