名古屋Xperia X Performance タッチ&トライアンバサダーミーティング参加レポート

先日大阪会場の様子をゲスト寄稿してもらったXperia X Performanceのタッチ&トライイベントですが、今回運良く名古屋会場に当選したので参加してきました。


xperia event concept 1

今回のイベントはXperia X Performanceの魅力を開発者から直接聞きつつ、実際に実機を借りて体験できるというもの。東京・大阪に続き、3会場目の名古屋会場にて参加しました。

xperia event concept 2

今回のXperia Xシリーズの「X」はお客様と様々な体験がクロスする瞬間に常に寄り添うパートナーというテーマの新シリーズ。

xperia event concept 3

Xperia Zから始まったXperia ZシリーズはXperia Z5で完結し、今回から新たにXシリーズになりました。

xperia event concept 4

今回新たに投入されたライムとローズの2色のゴールド。

xperia event concept 5

Unified designをテーマに、フォルム・カラー・UIの3つを通して開発。外装のガワだけでなく、中身のUIも統一したデザインが今回のXperia Xシリーズの特徴となっています。

メカニック

xperia event mechanic 1

続いてメカニックの話。

xperia event mechanic 2

今回採用されたアルミの背面パネルは白黒がヘアライン加工、2色のゴールドがサンドブラスト加工となっています。通常は同じ機種は1種類の金型で作られるところ、Xperia X
Performanceはこの2種類の加工の違いで寸法に差が出ないように金型を2種類用意してこだわって作っているとのこと。

アンテナ部分はフレームの内側の樹脂パーツに埋め込むことによって、極力背面のアルミの影響を受けずに通信する事ができるようになっています。

xperia event mechanic 3

前面に2.5Dのラウンドガラス、背面のメタルの絞りを湾曲させる事によって連続した持ちやすいカーブを実現したラウンドデザインに仕上げています。また、背面のメタル部分は小さなR(曲面)を施す事によってエッジがフレームとシームレスに繋がるようになっています。

xperia event mechanic 4

従来は割線のあったフレームが、コの字に端末に回りこむ一体のパーツとなった事で連続した割線の無いデザインに仕上がっています。この点は組み立ての工程を変更する事で実現できたとのこと。

システム

xperia event system 1

続いて、システムについて。

xperia event system 2

今回クアルコムの最新チップを使用したXperia X Performanceは従来の2倍のCPU性能、1.4倍のGPU性能を実現。また通信性能や音質等もキャリアの最新のものに対応し改善しています。

xperia event system 3

従来のカクカク感を改善し、ゲームなどでヌルヌル感が感じられるように。スクロールレスポンスもXperia Z5の71.9msから42.5msに改善しています。

xperia event system 4

今期モデルの中ではバッテリー容量の小ささが目立つXperia X Performanceですが、CPUのチューニングで消費電力が大幅に削減。実用上の電池持ちは前モデルから伸びています。

xperia event system 5

従来機種と加えてバッテリーの劣化を防ぐ新しいアルゴリズムが導入されており、充電サイクルを繰り返しても長く使えるようになっています。

xperia event system 6

今回背面がメタルになったことで放熱性能が強化されており、Xperia Z5比で30%改善しています。

xperia event system 7

USB機器の検出方法も最適化されており、メニューからの操作が不要になりました。

カメラ

xperia xp event camera 01

続いてXperiaの目玉であるカメラ性能について。

xperia xp event camera 02

技術の進化・使い勝手の進化の2点から改善が施されています。

xperia xp event camera 03

従来機種と比べて起動速度が改善。

xperia xp event camera 04

撮影時のもたつきも改善しています。

xperia xp event camera 06

撮影後のアルバムアプリでのプレビュー画面への遷移も高速かつスムーズに。

xperia xp event camera 07

Xperia Z5より搭載している先読みオートフォーカス。最速0.03秒のAFを実現しています。

xperia xp event camera 09

被写体の動きを予想することで先取りでピントを合わせる事が可能。

xperia xp event camera 10

先読みありと無しでの作例の比較。

xperia xp event camera 11

電車など被写体が向かってくるシーンで効果を発揮します。

xperia xp event camera 12

フロントカメラも新開発。暗いシーンでも明るくノイズを少なく撮影する事ができます。

xperia xp event camera 13

1300万画素のExmor RSイメージセンサーにより高い解像度と高感度を実現。

xperia xp event camera 14

Xperia Z5や他社端末との比較。解像感がアップしています。

xperia xp event camera 15

ピクセルを重ね合わせる事でノイズを1/4に削減。

xperia xp event camera 16

マルチショットノイズリダクションありと無しでの作例の差。

xperia xp event camera 17

Z5とX Performanceでは夜のシーンでのノイズの差があります。

xperia xp event camera 18

Z5との比較。

xperia xp event camera 20

Camera UIがXperia Z5のAndroid 6.0アップデートに含まれたCamera UI 5.0からCamera UI 5.1になり、レスポンスがアップしセルフィーに特化した使いやすいUIを搭載。

xperia xp event camera 21

画面の上から下にスワイプする事でメイン・インカメの切り替えができるようになりました。

xperia xp event camera 22

フロントカメラに目線を合わせる工夫もされています。

ディスプレイ

xperia xp event display 01

続いてディスプレイについて。

xperia xp event display 02

色域・コントラスト・精細感の3つの要素でソニーの高画質は構成されています。

xperia xp event display 03

まずは広色域。

xperia xp event display 04

ディスプレイの3原色を濃く改良。緑は新開発のカラーフィルタを採用しています。

xperia xp event display 05

テレビのBRAVIAのチューニングエンジンを移植することでディスプレイ色域を美しく表現。

xperia xp event display 06

ユーザーが意識する事なく写真と動画にそれぞれ最適化されたチューニングが自動選択されます。

xperia xp event display 07

続いて高コントラスト。

xperia xp event display 08

Z5と比べると斜めから見た際のコントラストが大幅に改善しています。

xperia xp event display 09

映像を自動認識して最適なパラメータを適応。

xperia xp event display 10

続いて高精細。

xperia xp event display 11

X-Realityを搭載。設定画面から比較デモが可能です。

xperia xp event display 12

まとめ。FullHDの解像度ながら、画面の綺麗さの作り込みが感じられます。

オーディオ

xperia xp event audio 1

続いてオーディオ。

xperia xp event audio 2

今回のXperiaは録音に注力しています。

xperia xp event audio 3

左右対称なマイク、ノイズリダクション、バイノーラルレコーディングの改善など、録音関連の改善が多く盛り込まれています。

xperia xp event audio 4

マイクの位置が左右対称の位置に移動しています。

xperia xp event audio 5

ノイズリダクションにはソニーのハンディカムのノイズリダクション技術を採用。内部で発生するノイズに関しても除去する仕組みになっています。

xperia xp event audio 6

バイノーラル録音に関してもチューニングを見直し、Z5よりもダイナミックに、より綺麗に。

xperia xp event audio 7

高音質の録音が可能になることでYouTuberなどのクリエイターにも最適な機種となっています。

Xperiaアプリ

xperia xp apps 1

続いて、Xperiaのアプリについて。

xperia xp apps 2

ムービークリエイターの紹介。

xperia xp apps 3

ムービークリエイターはただ撮るだけでハイライトムービーが届くというもの。サーバーへのアップロードなどはなく、スマートフォンの内部で処理されます。

xperia xp apps 4

Facebookと連携してイベントの動画が作れる機能も登場。

xperia xp apps 5

Google+のコミュニティに参加することで新機能をいち早く試す事ができます。


xperia xp event 1

今回のイベントではドコモ版のXperia X Performanceをお借りできたので、追って使用感などを書いていく予定です。第一印象としては従来機種と比べて動きが非常にサクサクになっており、指紋認証性能も体感できるレベルで改善していて、フィーリングは良好。予想以上に快適な機種に仕上がっている印象です。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な物を見つけるのが楽しみ。10歳の頃にHTMLに出会い、以来理想のサイト作りを追求中。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」で行くドライブと写真撮影と甘いもの。