家庭用スマートロック「Qrio Lock」が2018年秋Apple Watch対応へ。iPhone不要の単体解錠も検討中

家庭の玄関の鍵をスマート化できるQrio Lockが、Apple Watchに対応する事を発表しました。


Qrio Lockは先日レビューした最新のスマートロック。スマートフォンから自宅の鍵を施錠・解錠できるほか、ドアが閉じた際にオートロック機能で自動施錠、帰宅時にGPSとBluetoothを利用して自動解錠が可能。また、同社のQrio Hubを利用する事で遠隔操作や施錠状態・履歴なども確認可能です。


今回発表されたプレスリリースによれば、2018年秋頃にQrio LockはApple Watchに対応予定。iPhone本体が近くにある状態でApple Watchから解錠ができるようになるほか、Apple Watch単体でも解錠が可能か実現性を確認している段階とのこと。

先代モデルからのアップデートでレスポンスが飛躍的に良くなり使い勝手が良くなったQrio Lock。Apple Watch対応でますます便利になる事が期待できそうです。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。