「MagSafe対応iPhoneレザーウォレット」レビュー。磁力で束られるミニマルなデザインの革製カードケース

Apple純正品の「MagSafe対応iPhoneレザーウォレット」を実際に買って使ってみたので紹介します。


MagSafe対応iPhoneレザーウォレットはAppleからiPhone 12シリーズに合わせて発売された公式アクセサリ。MagSafe機構によってケースを着けていないiPhone 12シリーズ本体、あるいはMagSafe対応ケースの上から装着する事ができます。

スペックとしては最大3枚までのカードに対応しており、磁気からカードを保護するシールド機能を搭載しています。

それでは早速パッケージの中身を見ていきます。

箱は本体に合わせて極めてミニマルなサイズとなっており、中にはシンプルに冊子類と本体が入っています。

カードが入る場所には紙のプレースホルダーが装填されているので、矢印の通りに取り出します。

こちらがレザーウォレット本体。中央のAppleロゴがエンボス加工されている以外はすっきりしており、Apple製品らしさを感じるミニマルなデザインです。

背面はカードを押し出すための穴が配置されています。

各種iPhone 12系に装着したサイズ感

レザーウォレットはワンサイズの製品となっており、iPhone 12(iPhone 12 Pro)、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro Maxどのモデルにも対応。実際にそれぞれのモデルに装着した際のサイズ感をチェックしていきます。

iPhone 12

素のiPhone 12に装着したところ。iPhone本体よりひとまわり小さくなっており、背中に乗っかる感じになっています。

iPhone 12 mini

iPhone 12 mini+純正レザーケースに装着したところ。サイズはiPhone 12 miniが最小対応端末な事もありぴったり合わせられており、下部も左右もジャストサイズ。サイズだけでなく色もApple純正品同士で合わせられており、一体感で言えばiPhone 12 miniのレザーケースと合わせるのが最も一体感があり、まとまっています。

iPhone 12 Pro Max

シリーズで最も大きいiPhone 12 Pro Max+純正シリコンケースと組み合わせたところがこちら。下部に大きくスペースが空きます。

シンプルなApple製カードケースとして良い製品

正直iPhoneとカードを持ち合わせて使うといった使い方は今まであまりした事がなく、今回のレザーウォレットもMagSafe公式アクセサリ第一弾として気になって買ってみた次第なのですが、実際に使ってみるとMagSafe以前に純粋に「Apple製のシンプルなカードケース」として作りが良く、さすがAppleと感じさせる物でした。

カードの出し入れは最背面のカードしか押せず、乾燥した冬の日には指が滑って少し難ありに感じたので他社製のカードケースのようにカードを引き出すベルトやスリットのギミックが欲しいなと思う側面もあったものの、このミニマルなデザインとはトレードオフかもしれません。

付加価値のMagSafe機能に関してはiPhoneに装着して持ち運べる点は便利なものの、MagSafe充電ケーブルでウォレットを通して串刺し充電はできず、更にウォレットを装着した状態だとiPhoneが分厚くなってしまい使いにくいため、常時着けておくというよりかは一緒に持ち運べるといった考えで使った方が快適なのではないかと感じました。

なお、内部構造に関しては見えないところで凝っており、最大3枚まで対応のところ1枚〜2枚のカードを入れると内部の機構が挟んで固定してくれるため、枚数が少なくてもカードが落ちない仕様となっています。この辺りの作り込みは素直に感心。

今回紹介した「サドルブラウン」のほか、「バルティックブルー」「カリフォルニアポピー」「ブラック」を入れた4色が展開されており、価格はいずれも税込み7,480円。公式MagSafeアクセサリの一つとしての側面もありますが、iPhoneと一緒にクレジットカードや交通系ICカードなどをミニマルなコンパクトサイズで持ち運びたい方には純粋にカードケースとしておすすめできる革小物アイテムです。


MagSafeに対応したアクセサリのおすすめはiPhone用MagSafeアクセサリおすすめの記事にて厳選してまとめているので是非参考にしてみてください。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。