MagSafe対応「MOFT Snap-on Stand & Wallet」レビュー。常備できる薄型でiPhoneを縦横に立てられる必携品

ノートパソコンやスマートフォンの背面に貼り付けて角度を付けられるアクセサリの「MOFT」シリーズから、iPhone 12シリーズのMagSafeに対応した「MOFT Snap-on Stand & Wallet」が発売されたので実際に購入して使ってみました。


MOFT Snap-on Stand & WalletはiPhone 12シリーズのMagSafeマグネットに吸着する事でiPhoneを立てられるスタンドになり、クレジットカードサイズのカードを3枚まで収納できるカードケース機能も搭載したアクセサリ。

小型モデルのiPhone 12 mini、標準サイズのiPhone 12/iPhone 12 Pro、大型サイズのiPhone 12 Pro Max全てで使用できますが、微妙に使い勝手が異なるのでその辺りも含めて今回は紹介していきます。

外観・ウォレット機能の紹介

こちらがMOFT Snap-on Stand & Wallet本体。背面に四隅から中央に台形状に対面するキックスタンド機能が搭載されているデザインは従来の汎用貼り付けタイプのMOFT Xと同様ですが、今回の製品はMagSafe規格に対応したマグネットが内蔵されているのが特徴となっています。

背面は適度なグリップ感のあるPUレザーで、マグネットの磁力と組み合わせられる事で安定してiPhone 12シリーズの背面に固定する事ができます。

背面のキックスタンド部分を立てるとこのように山折り状になり、縦置き・横置きどちらにも対応した形状に。また、キックスタンドを立てる事によってカードスリーブ部分が露出し、カードの出し入れが可能になるギミックとなっています。

カードを入れたところ。クレジットカードサイズのカードが最大3枚まで収納可能。先日レビューしたApple純正のレザーウォレットと比べるとキックスタンドを立てた状態であればカードの表面を触って押し出せるようになっているため、出し入れのしやすさであればこちらが上。

iPhone 12/mini/Pro Maxに装着した際のサイズ感

まずはiPhone 12に装着したところ。適度にワンサイズ小さく収まっています。

続いてiPhone 12 miniに装着したところ。サイズとしてはiPhone 12 miniの外寸にぴったり合わせて作られているため、カメラより下の背面をすっぽり覆う形となっています。

こちらがiPhone 12 Pro Maxに装着したところ。iPhone 12 miniの後だと相対的なサイズ感が大きく違う事がわかります。

スタンド機能はiPhoneのサイズによって角度が別

MOFT Snap-on Stand & Walletは背面のキックスタンドは縦置き、横置き、そしてiPhone本体を90度回転させた状態で浮かせた横置きの3通りの使い方が可能。このうち通常の縦置きと横置きはiPhone本体のサイズに角度が依存するため、装着するiPhoneのサイズによって使い勝手が異なります。

まずは通常のiPhone 12に装着した際の縦置き。やや後ろに寝ていますが、そこまで気にならない角度。

iPhone 12 miniでの縦置き。キックスタンドの底面がiPhone 12 mini本体の底面に揃っているため安定感もあり、角度も使いやすい位置に感じます。

iPhone 12 Pro Maxでの縦置き。MOFTの下辺とiPhone本体の底面の間に隙間があるため、かなり角度がついて寝ている状態。iPhone 12 Pro Maxで使う場合、縦置きはあまり使い勝手は良くないと感じました。

iPhone 12 Pro Maxでそのまま横置きしたところ。横置きであれば少しはマシ。

個人的におすすめの使い方がこちらのiPhone本体を90度回転させた横置き。iPhone本体が机から少し浮くため見やすく、3サイズのiPhoneどれであっても角度は同じ。出先での動画鑑賞に非常に便利で、これのためにMOFT Snap-on Stand & Walletをポケットに忍ばせておく価値があると感じます。

ポケットに収まり、気軽に着脱できる便利アクセサリ

今までのMOFTのアクセサリはスマートフォンやノートパソコンの背面に貼り付けるものが多く、一度取り付けた場合外さずに使う必要があったため個人的に敬遠していました。しかし今回のMOFT Snap-on Stand & WalletはMagSafeを採用した事により着脱がいつでも可能。iPhone背面についたままだと邪魔に感じる場合は気兼ねなく外せる上にポケットに入るスリムサイズなため、キックスタンドが使いたい時・カードケースが必要な時にだけ取り出して使うというスタイルが可能になりました。

同様のアクセサリにAppleが直々に出しているiPhoneレザーウォレットがありますが、それと比較した場合MOFTの物は「カードの出し入れが容易」「キックスタンド機能が使える」「着けたまま操作がしやすい」「指を挟んでスマホリング的にも使える」といった機能面でのメリットが多々あり、利便性で言えばMOFTの圧勝。一方で、外観はApple純正品の方が綺麗かなとは思いました。

MOFT Snap-on Stand & WalletはAmazonにて3,180円で販売中で、カラーは今回紹介したブラックの他にグレー、ブラウン、ブルーを加えた4色展開でラインナップ中。ワンポイントで使えるMagSafeアクセサリとしてポケットに忍ばせておくにはおすすめのアイテムです。


MagSafeに対応したアクセサリのおすすめはiPhone用MagSafeアクセサリおすすめの記事にて厳選してまとめているので是非参考にしてみてください。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。