車載にも便利なUSB充電式コンパクトハンディクリーナー「Brigii Y120」を試す

USB充電できるハンディクリーナー「Brigii Y120」をレビュー用に頂いたので紹介していきます。


今回頂いたのはハンディクリーナー「Brigii Y120」。Amazonでの実売価格約3,500円で、USB充電が可能なコンパクトモデルとなっています。

パッケージの中身は写真のとおり。細いノズル・ブラシのノズルと、ブロワー用のノズルの3種類が付属しているほか、充電用のUSBケーブル、持ち運び用ポーチが付属しています。

こちらが本体。水筒のようなサイズ感と形状で、コンパクトな円柱の形をしています。

片方の断面には吸引用の穴があり、ここにノズルを装着して使います。

もう片方はmicroUSBの充電端子のほか、排気口兼ブロワー用のノズルの穴となっています。

ノズルを装着したところ。

iPhone 12とサイズ感を比較したところ。スマホと比較してこのサイズなので、車などに積んだままでも邪魔になりにくいコンパクトなサイズ感だと感じました。

フィルターは本体を回転させる事で取り外して掃除できるほか、Amazonで交換用フィルターも購入可能。

コンパクトに常備する車用クリーナーとしてもアリ

実際に自動車の車内を掃除するクリーナーとして使ってみた感じとしては、吸引力はそれほど強力な感じはしませんでしたが足元の掃除には十分。使い勝手の上で感じた主なメリットとしては以下のとおり。

  • コンパクトなサイズ感
  • USBで充電が可能

車内のアクセサリー電源を使ったUSB充電器でも充電ができるため、トランクに(常時電源ではない)アクセサリー電源がある車種などでは充電を意識する事なくトランクに入れっぱなしといった運用もあり。コンパクトなサイズのため、邪魔にもなりません。

一方で、使っていて感じたデメリットもありました。

  • 充電端子が今更microUSB
  • 円柱のため持ちにくい
  • ブロワー機能はもう少し風量が欲しい
  • 静電気でノズルに埃が付着しやすい

まず気になったのは充電端子。microUSBとなっていますが、最近はスマートフォンやワイヤレスイヤホンなどUSB type Cが主流のため、同じケーブルを流用できるようUSB type Cを採用してほしかったところ。

また、見て分かるとおり形状が円柱タイプで取っ手が無いため、コンパクトで収まりは良いもののいざ使ってみると持ちにくさを感じる形でした。もし持ちやすいように取っ手やグリップなどがあれば更に良かったのではないかと思います。

最後に吸引側はある程度満足なものの、ブロワー機能に関してはもう一歩風圧が欲しかったかなというところ。ブロワー機能単体で見れば、USB type C充電ができてブロワー機能に特化したサンワサプライの電動エアダスターの方が重宝するなと思いました。

などなど一長一短を感じる製品ではありましたが、コンパクトに車載しておけるUSB充電式のハンディクリーナーとしては見た目もスタイリッシュで、価格も約3,500円とカー用品店で見かける同類の製品と比べると割安、かつブロワー機能付き。見た目が気に入れば悪くない選択肢です。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。