iPad miniの第6世代・第5世代の違いを比較

9月15日のAppleの発表イベントで最新型のiPad mini(第6世代)が発表されたので、先代モデルの第5世代iPad miniと比較してみました。



iPad mini(第6世代)

iPad mini(第5世代)
発売年 2021年 2019年
チップ A15 Bionic A12 Bionic
5G対応 対応 非対応
生体認証 Touch ID(指紋) Touch ID(指紋)
ストレージ 64GB/256GB 64GB/256GB
カラー スペースグレイ
ピンク
パープル
スターライト
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
重量 293 g(WiFiモデル)
297 g(Cellularモデル)
300.5 g(WiFiモデル)
308.2 g(Cellularモデル)
画面サイズ 8.3インチ 7.9インチ
解像度 2,266 x 1,488 2,048 x 1,536
Apple
Pencil
第2世代に対応 第1世代に対応
メインカメラ 1200万画素 800万画素
接続端子 USB-C Lightning
スピーカー ステレオ(横持ち対応) ステレオ(縦持ちのみ)
イヤホンジャック なし あり
eSIM 対応 対応
高さ 195.4 mm 203.2 mm
134.8 mm 134.8 mm
厚さ 6.3mm 6.1mm
価格 59,800円〜(WiFi 64GBモデル) 50,380円〜(WiFi 64GBモデル)

新しい第6世代のiPad miniはホームボタンが撤廃され、第4世代iPad Airのようにベゼルを狭めたLiquid Retinaディスプレイを採用した外観に。引き続き指紋認証のTouch IDを搭載しており、場所はホームボタンから側面のトップボタンに移動しています。

チップはA12 BionicからA15 Bionicになり、iPhone 13相当の最新の処理性能にアップデートされています。ストレージ容量は従来通り64GBあるいは256GBから選択可能。

スピーカーは横持ちのステレオに対応しており、動画鑑賞やゲームのプレイをする用途には嬉しい改善となっています。

接続端子は従来のLightningからUSB type Cに変更され、転送速度が10倍になっています。

Apple Pencil対応は第二世代Apple Pencilにアップデートされ、側面にマグネットで装着して充電が可能に。

カラーはピンク・パープルといった色も導入され、よりカジュアルになりました。

iPad mini(第6世代)の価格は59,800円(WiFi、64GB)から。同じ容量の第5世代モデルの50,380円と比べて値上げとなっています。


また新しい第6世代目iPad miniと一緒に押さえておくべき必需品も別記事でまとめているので、購入の際は是非参考にしてみてください。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。