Apple発表まとめ。iPhone 13系、新iPad、新iPad mini、Apple Watch Series 7が発表

Appleの2021日9月15日の発表会で多くの新製品が発表されたので、発表された新製品をまとめていきます。


1. 新型iPad(第9世代)

まずはiPadシリーズのラインナップのエントリーモデル「iPad」が第9世代に。チップが先代のA12からA13 Bionicにアップグレードされ、新たに1200万画素の超広角インカメラを搭載。自動に画角内に自分を収めてくれる「センターフレーム」(CenterStage)機能をiPad Proに続いて搭載し、サードパーティのアプリの通話や録画で利用可能。

10.2インチのディスプレイはTrue Toneに対応し、環境光センサーによって部屋の色温度に合わせた画面調整を行えるようになっています。

第1世代Apple PencilやSmartKeyboardといったアクセサリに対応し、カラーバリエーションはシルバー・スペースグレイの2色展開で、価格は39,800円から。本日から注文可能となっており、販売は9月24日から。

2. 新型iPad mini(第6世代)

iPad miniは2019年の第5世代iPad miniからフルリニューアルされ、最新のiPad Air/iPad Proと同じホームボタン無しのスタイルを採用。8.3インチLiquid Retinaディスプレイを搭載、iPad Air同様トップボタンにTouch IDの指紋認証を搭載し、接続端子はLightningからUSB-Cに変更され転送速度が10倍に。A15 Bionicチップ採用で80%グラフィック性能が向上したほか、通信は5Gに対応しています。

新型iPad同様、超広角のインカメラによるセンターフレーム機能も新たに搭載。

カラーバリエーションはパープル・ピンク・スターライト・スペースグレイの4色展開。

価格は59,800円からとなっており、注文は本日から可能。発売日は9月24日。

先代モデルの第5世代iPad miniからの変更点は別記事にてまとめています。

3. Apple Watch Series 7

Apple WatchもSeries 7になりメジャーアップデート。Series 4〜Series 6までの丸みを帯びたフォルムはそのまま、ベゼルが40%削られより画面占有率の高いデザインにブラッシュアップされています。Apple Watch史上最も強い全面クリスタルによる耐亀裂性能、IP6X等級の防塵性能、WR50の耐水性能など耐久性が強化。フルキーボードによる文字入力にも新たに対応。

充電速度は33%高速化され、8分間で8時間の睡眠を記録するに十分な充電ができるようになっています。

発売は今年秋を予定。

4. iPhone 13/iPhone 13 mini

iPhone 13はiPhone 12と同じスタイルのフラットな筐体を採用した最新モデル。カメラが縦並びから斜めの配置に変更され、カメラは光学式手ブレ補正を強化。ストレージ容量のラインナップはエントリーモデルから2倍になり、128GB/256GB/512GBから選べるようになりました。

画面上部の切り込みは小型化され、画面の明るさも28%向上。

バッテリー容量の増量と最適化で電池持ちも向上しており、iPhone 13はiPhone 12比で2.5時間、iPhone 13 miniはiPhone 12 mini比で1.5時間駆動時間が伸びています。

カメラは新たにシネマティックモードを搭載し、奥行き情報を映像と併せて記録することで映像のボケ表現を後から編集可能に。また、画角に入ってくる人物を予測してピントを合わせたり顔の動きに合わせてピントを動かしたりといった機能も搭載されています。

新しいレザーウォレットは「探す」アプリに対応し、iPhoneから外れた位置をトラッキングできるように改善されています。

iPhone 13とiPhone 13 miniは9月17日金曜日より予約受付開始、9月24日発売予定。

5. iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Max

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro MaxもiPhone 13同様先代モデルをブラッシュアップ。iPhone 13シリーズに無い進化点としては画面がProMotionに対応し、10Hz〜120Hzの可変リフレッシュレートでバッテリーを節約しつつ滑らかな動きを実現しています。

カメラはマクロ撮影が可能になり、iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Maxではそれぞれ2倍・2.5倍だった望遠レンズは3倍の77mmに統一。ProResフォーマットでの撮影も可能になっています。

ストレージは最大1TBが選択可能に。進化したProRes撮影やシネマティックモードなどの動画撮影性能を活かせるよう増量されています。なお、128GBモデルの場合ProRes撮影は1080p/30fpsに制限され、256GB/512GB/1TBの場合は4K/30fpsでの撮影が解禁されます。

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは9月17日金曜日より予約受付開始、9月24日発売予定となっています。

所感:新型iPad miniは即決、それ以外は個人的に様子見

今回の発表の主役はSNS上での反応などを見ても新型iPad miniだったのではないかと思います。iPad Airスタイルの新しいホームボタン無しの筐体に側面指紋認証を備え、A15 Bionicで処理性能も最先端。これで6万円を切る価格スタートでApple Pencilにも対応しており、抜群のコストパフォーマンスと商品力を感じる機種でした。実際にこの機種は発表が終わった直後に即注文したので、到着が楽しみです。

一方iPhone 13シリーズに関してはシネマティックモードや13 Proシリーズの120HzのProMotionは気になるものの、気になるのはその2点のみ。現在4月に発売されて購入したばかりのiPhone 12 miniのパープルを愛用していますが、今回紫系のiPhone/Apple Watchアクセサリが増えてiPad miniも紫を投入してきたにも関わらず本体色にそれにマッチしたカラーがラインナップされなかったため、iPhone 12 mini続投で良いかなと思っています。

ただiPhone 13 Proの撮影性能に関しては気になっており、シネマティックモードの動画撮影後に奥行き情報を使ってピントを調整する機能は是非使ってみたいので、動画撮影用のカメラとして検討中。

Apple Watch Series 7に関しては画面部分の印象が一気にモダンになったので、Series 3以前のモデルを使っている方やSeries 4などで電池持ちが気になってきた方は買い替えるタイミングとしては良さそうです。自分はSeries 6を昨年買ったばかりなので、こちらは様子見予定。

iPhone 4以来10年間毎年新型のiPhoneを買ってきましたが、もしかすると今年は初めてiPhoneを買わない年になるかもしれません。ただiPad miniは待ち焦がれていたアップデートなので、かなり楽しみにしています。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。